job-interview-437026_960_720

面接でマナーは関係ない?!

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ キャリブロ火曜日担当の斉藤です。
GWもあり、早くも5月2週目ですね。

 

本日、お伝えしたい記事はこちらです!

 

就活生を不必要に硬くさせるだけの「マナー指導」は悪影響 ノックの回数なんて採用に全く関係ない

 

この記事によると、採用の合否にマナーは重要視されていないそうです。

そのため、マナー講座などは不必要に学生を硬直させてしまっている可能性があります。

入室や退室などの際のマナーは、面接で話す内容に続いて緊張が高まる瞬間です。
私自身、就活本の種類により、ノックが2回だったり3回であったりして戸惑った経験があります。

志望度が高い企業こそマナーに細心の注意を払い、不採用となってしまった時は、あの時に間違ったマナーをしてしまったのでは…振り返ることもあると思います。


どこを見られているか

学生の不安としては、採用試験における評価がブラックボックスに包まれていることにあります。

面接を受ける身としては、どこを見られているかわからないです。だからこそ、細かいマナーにも気を張ってしまうと考えられます。細かい点を気になってしまい、肝心な面接内容がたどたどしくなることで悪循環に陥ります。


答えを提示することも…

採用活動を行う企業は、自社の価値観に合う学生を見分ける必要があると思います。
そこで、あらかじめどこを見ているかなど、最初に答えを提示することで学生は安心して面接に臨めると思います。
今回でいえば、あらかじめマナーは評価対象になりませんと言ってしまうのも良いかもしれません。

本日はここまでとなります!

 

新卒採用に関するお悩みはこちらから!

▼Click▼
http://www2.careermart.co.jp/contact.html

Comments are closed.