dandelions-609253_960_720

就活に変化!「待つ」より「攻め」の新しい風!

こんにちは!
採用アウトソーシング会社CareerMartのオフィシャルブログ、

キャリブロ月曜日担当の松山です!!

 

5月とはいえ、徐々に日差しが強まり、初夏の到来を予感させますね。

天気も良く心地よい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

従来の就活スタイルを変える新しい風

 

今回紹介する記事はこちら!!

 

就活に変化「待つ」より「攻め」 逆求人フェスで学生が自ら売り込み

 

2017年3月に卒業予定学生の就職活動が解禁されてから2ヶ月が経ちました。
今年はルール変更により、面接などの選考が前年より2ヶ月早い6月から始まります。

 

3ヶ月の短期決戦で理想の職場を探す学生の就職活動にも変化が見られました。
学生による自分の売り込みに企業が集まる「攻め就活」というもの広がっているようです。

その一例として、学生が熱弁を振るって企業の採用担当者に自分を売り込む「逆求人フェスティバル」が4月に都内で開催されました。

 

逆求人フェスティバルとは??

 

逆求人フェスティバルとは、経営者・採用担当者と1対1で面談し、

企業から学生が”スカウト”される就職活動イベントであり、3つの特徴があります。

 

①御社内定レベルの学生のみと個別面談

事前の個別面談を突破した学生のみが参加。

その中より「採用したい」学生のみを指名できるため高確率でターゲットと接触が可能です。

 

②中小・ベンチャー企業に最適

参加企業の60%以上が500名以下の中小企業。

「どのような仕事ができるか?」を基準に企業を選ぶ学生を集めます。

早く出世したい、若いうちから大きな仕事をしたい。

名より実を取る人材が参加します。

 

③職種・タイプ別イベントを開催

ITエンジニア、総合職、美大芸大生、建築学科生など、「採りたいターゲット別」のイベントを開催。

貴社の採用ターゲットのみと出会えます。

また、各回約40名の学生が参加します。


逆求人フェスティバルがこだわるもの、それは1対1での対話です。
ここには、就活で作る学生の分身も、建前だけの企業担当者もありません。

あるのは、お互いの成し遂げたい世界観と、本気でぶつかり合う熱量です。

 

1対1だからこそできる「対話」がそこにはあります。
また、採用ターゲットとなる学生には、企業から連絡をとり、個別面談などの選考に繋げることが可能な点も特徴の1つです。


就活定番のイベントといえば、複数の企業が展示会場などに集まって事業説明やPRなどを行う合同企業説明会です。

しかし今、“逆求人型”の就活が盛り上がりを見せているのです。

 

今年は学生有利の売り手市場と言われていますが、ただ待つより、自分が納得のいく就活をしたい学生は多いようですね。


本日はここまでとなりますが、

こうした従来の就活スタイルを変える新しい風も吹き始めているようです。

 

新卒採用に関するお悩みはこちらから!
▼Click▼
http://www2.careermart.co.jp/contact.html

 

Comments are closed.