インターンシップ

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ月曜日担当のマンデー高松です。
皆さん、おはようございます。
今回は、就職活動における“インターンシップ”について
お話しをしたいと思います。
0617_高松写真

インターンシップとはもともとはアメリカで始まった、
就職・転職のミスマッチをなくすための制度です。
インターンシップ生として就職前に会社に入って仕事をすることで、
お互いにとってメリットのある形で就職をすることが可能になります。
メリットとしては、

・自分が抱いていた仕事のイメージとのギャップを知ることができる
・社会人になるまでにやらなければいけないことを見つけることができる
・その会社の実際の雰囲気を味わえる等・・・
様々な事が挙げられます。
ミスマッチをなくすという部分でいうと、
“思い描いていた仕事のイメージと現実のギャップを知ることが出来る”
という事が、企業側にとっても学生側にとってもメリットになると思われます。

そうしたギャップを埋めていってあげることで、採用のミスマッチを減らし、
結果として早期の離職率を下げることにもつながるのではないでしょうか。
私自身も、入社前にインターンシップで会社の仕事を体験させて頂きました。

内定出しをした学生に対してのインターンシップを行うことは、
双方にとってメリットがあるものだと感じます。

Comments are closed.