達成感

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ水曜日担当のウェンズデー松島です。
私事ではありますが、
つい先日、一つの目標を達成することができ、
皆さんにささやかながらお祝いをして頂きました。
やっぱり何かをやり遂げる事は
うれしいものだと実感しました。
本日はそれに関連して
「達成感」
についてお話ししたいと思います。
0619_画像

誰しも、今までわからなかった問題が分かったり
できなかったことができたりと

人間なにかをやり遂げた時

とても喜ばしい気持ちになるものですよね。

これがいわゆる「達成感」というものです。

実はこの時に脳からドーパミンが分泌されているというのです。

ドーパミンとは神経伝達物質のひとつで、

快感や喜びを生み出す脳内物質です。

そして人間はこのドーパミンによる快感を得ることが癖になり

何度も同じ行動を繰り返し続けて、上達していきます。
これが学習のメカニズム、というわけです。

けれどこのドーパミンというのは普段からできていることを繰り返しても分泌はされないとのこと。

だからといって、ハードルをあげてもいけないとのこと。

つまり、その人にとって丁度いい高さのハードルに挑戦することがとても大切なのです。

そしてそれ以上に、

ドーパミンは他人からの強制では得られないということです。
脳が喜びを感じるのは、
自発的に行動し、それが成功した時なのです!
たとえば新入社員に対しては、
強制的に業務をさせるよりも
その人がやりたい、成し遂げたい!
ということを自発的にチャレンジさせる。

また、その人の現在のレベルより

すこし上の段階の課題を与える。

そしてやり遂げた時に周りの人と共有できるような仕事環境にある。

このようにすれば達成感というものをより一層感じるのではないでしょうか?
昨今の学生は仕事に対して
「やりがい」を求めています。

こういった達成感を与えることで、やりがいを新入社員に感じさせることが

成長につながるのかもしれません。

Comments are closed.