女子学生の就職キャリアステップ意識調査について

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ金曜日担当のフライデー佐藤です。

生ビールが一段と美味しく感じられる季節になってまいりましたね。
(私の場合は一年中いつでも美味しいんですけどね、、、、)

さて!今日は、6月12日に発表された、ディスコさんの調査結果、

「女子学生の就職・キャリアステップ意識調査~就活スタート当初と入社決定時期での比較レポート~」
こちらについてお話させていただこうと思います。

今回の調査内容は、以下の項目。
①希望業界と入社した業界
②希望した企業規模と、実際入社した企業規模
③コース(職掌)について(希望コースと入社企業のコース)
④予定勤務期間(入社希望にいつまで働く予定か)
⑤企業研究で意識したこと
⑥女性で「よかった」「損をした」と思った経験とコメント集
⑦企業に言いたいこと(コメント集)
この中で私自身、特に気になった項目は、以下の2つです。
“女性で「よかった」と思った経験とコメント集”
“企業に言いたいこと(コメント集)”
女性の持つ強い視線を度々感じるようなコメントが多くのっています。 

a0001_013665

~女性でよかったと思った理由~(以下、調査結果より抜粋)
■自分は理系の女性だが、絶対数が少ないのでライバルが少ないと感じた。
(もちろん男性もライバルですが) 

巷で噂の“リケジョ”。

リケジョは全体的に少ないというイメージが有ります!
なので、ライバルは確かに少なそうですね。 
a0001_013657

~企業に言いたいこと~(以下、調査結果より抜粋) 
 

■女性を雰囲気だけで判断しないでほしい。 
■女性の総合職を増やして欲しい。  
■男女で能力の差をはかるよりも、個人個人をしっかり見て採用すべきだと思う。
未だに生涯賃金で男女差があるのは悔しい。
女性の雇用に関して、日本は世界的に遅れているという事実を恥ずべきだと思う。 
■顔やスタイルで人を判断する人が面接官なのは良くないと思います。 
■全ての女性が家庭をもつことを目的としていると決めつけないでほしい。  
■女子だし無理しないで早く帰って良いよとインターン中に言われた。
周りが男子の就活生だけで、何でいるの?的な雰囲気の説明会が多々あった。 

だいぶキビシイ意見も有りますね。

人事採用担当者の皆様は、このコメントをご覧になってどう感じたでしょうか? 

ココに関しては、、、、男性女性という前に、やはり。こう思います。

“ひとりのひと”として自分を真っ直ぐにみてほしいと思う気持ちは皆同じに違いないです。
そうですよね。それは就職活動、面接の時に限らず。皆そうだと思います。 

それでは来週月曜日のキャリブロもお楽しみに!

みなさま、ステキな週末をお過ごし下さいませ♪
フライデー佐藤でした♪

Comments are closed.