city-731296_640

“人が獲れるオフィス”を作った人材策

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
「キャリブロ」土曜日担当の沢崎です!!

 

今回ご紹介させていただく記事はこちらです!

 

“人が獲れるオフィス”を作った、サーバーワークスの人材策

 

 

 

オフィスって大事?

皆さんは働く上でオフィスって大切だと思いますか?

きっと社会に出られている皆さんは、一度は綺麗でお洒落なオフィスで働くことを夢見たことがあると思います!

私の友人の中には内定をいただいた企業の中から、一番オフィスが綺麗なところに入社を決めていた方がいました!

やはり学生も気持ちは同じだと思います。

 

 

 

採用におけるオフィスの重要性

学生が就職活動中にオフィスの中に入ることはほとんどないと思われます。

学生が足を踏み入れるのは、エントランスとセミナールーム、会議室ぐらいだと思います。

そのため、エントランスや会議室は最低限綺麗にしていないといけません。

お洒落ではなくとも、清潔感は重要です。

もし、お洒落な内装だとしても部屋の隅に埃がたまってしまっていたり

備品が乱雑に置かれていたりしたら、学生にマイナスイメージがついてしまいます。

 

 

 

人が獲れるオフィス

今働いている人が「働きやすい」と思えるようなオフィスであれば

それは学生にとっても魅力的なオフィスであるといえます!

そのため、記事の中では社員にアンケートを取り、改善点を実行した結果

クラウドワークスタイル制度が浸透し、仕事の進め方そのものも変わったということです。

離れた場所にいる人との共同作業が当たり前になったため、

情報共有のためのドキュメントを残すなどの工夫が日常的に行われるようになったという結果が出ています。

 

 

 

採用への活用

選考過程でオフィスツアーを実施し、自社の働き方を肌で感じてもらう。

以前のオフィスでは言葉で説明する必要があったが、

「今は余計な説明なしで雰囲気が伝わる。応募者にとっても、自分に合うか合わないかがはっきり分かる」

と今回の事例では説明しています。

この企業のように自社のコンセプトを表現したオフィスであると

オフィスに足を運んでもらうだけで、自社の雰囲気や学生自信そのオフィスで働くイメージがわくと思います。

新卒採用では、「選考辞退」「内定辞退」を防ぐ効果があります。

なぜなら、「愛社精神」が芽生えるからです。

セキュリティや安全面でなかなか外部の人が入れないという事情があると思いますが

それならば動画や画像で学生の目に触れる機会を作るだけでも大きく違うと思います。

 

 

 

最後に

「いまさらオフィスなんて手をつけられないよ」

「効果がまったく計れないから着手できない」

と思ってらっしゃる方がほとんどだと思います。

しかし、

オフィスのみならず、どのような形でも

自社のコンセプト、雰囲気を学生に触れさせるだけで

愛社精神を芽生えさせることが出来ると思います。

その結果は辞退率の低下に出てきます!

ぜひ、ご検討してみてください!

 

 

 

新卒採用に関するお悩みはこちらから!
▼Click▼
http://www2.careermart.co.jp/contact.html

Comments are closed.