倫理憲章

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ月曜日担当のマンデー高松です。
皆さん、おはようございます。
昨日は七夕。皆さま何をお願いされましたでしょうか。
さて、7月に突入し既に2週目です!!暑いですね!!
皆熱中症などには十分お気を付けてお過ごしくださいませ。

0708_高松写真①

今回は“倫理憲章の遅れ”について気になる記事を発見したので
ご紹介したいと思います。
--------------------------

アデコグループの日本法人・アデコ株式会社は、
人事・採用担当者約1000名を対象に、倫理憲章の改定による
企業の採用活動への影響についてアンケート調査を実施した。
【調査結果】

*倫理憲章が改定された場合、新卒採用活動を変更するか?

「変更する予定」:16.7%
「現在、検討している」:23.7% 
「変更しない予定」:22.6%
「変更を検討していない」:59.6%

*新卒採用活動における具体的な対応施策

「採用期間を長くする」:9.5%
「採用期間を短くする」:6.1% 
「通年採用を導入する」:7.8% 
「人事の採用担当者を調整(増員)する」:1.7% 
「大学の就職課の利用機会を増やす」:10.1% 
「就職サイトへの掲載を増やす」:6.7% 
「SNS(facebook、Linkedin等)を活用する」:2.8% 
「外部の人材サービス会社を利用する」:2.8% 
「採用人数を増やす」:2.8% 
「採用人数を減らす」:3.4% 
「採用基準を厳しくする」:4.5% 
「採用基準をゆるくする」:0%
「その他」:1.1% 

                    (@DIME抜粋)

--------------------------

最も多い対応施策は「大学の就職課の利用機会を増やす」10.1%
となっています。
私がお話しをお伺いさせて頂いた企業様でも、
15卒採用から大学訪問をしてみたり、ISの導入を検討したりと、
試験的に16卒採用の準備をされている企業様がみられます。
倫理憲章の遅れに関して、どのように対応していけば良いのか、
そんなご相談も随時受け付けております♪♪
朝の電車だけで汗が出てくる季節になってきましたが…
週の始めの月曜日、今週も頑張りましょう!!

Comments are closed.