女性の就業率

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ水曜日担当のウェンズデー松島です。

みなさま、この三連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
約二か月ぶりの連休でしたので、満喫された方も多いかと思います。

私はというと、久しぶりの友人との再会で有意義な時間をすごしておりました。
ちなみにその友人が以前より痩せて綺麗になっていてびっくり!

「欲に勝てる人間は強い!」

とその友人から名言を頂きましたので
私もダイエットしている身として、「欲に勝つ」よう精進せねば、と思う次第でございまする。
さてさて、少し話は変わりますが
最近新聞を読んでいて、「女性の就業」に関する記事をよく見かけます。
0717_画像

本日だと「日本、女性就業率24位」などの記事を発見しました。
以前にもまして女性の働くことが注目されているように思います。

ちなみにこの24位、OECD加盟国34ヵ国中の順位となっております。
そうなると、日本の順位って結構低いように思いますよね。

この理由の背景は、出産後の退職率が6割となっているからとのこと。

女性にとって、出産後の復職は
ブランクもできてしまいなかなか難しい…と感じてしまうのかもしれません。
ただ企業側として努力しているところも多く
福利厚生の改善や就業体系の多様化など
色々と工夫されていらっしゃる企業が多く存在しているように思います。

以前お伺いした企業でも
「創立初めて、二回産休をとり復職される女性がいる」
というお話をされていました。
 
新卒採用を行われている企業でしたが
それを来年度以降は学生にアピールしていきたいとの事でした。

このことからも、既存社員だけではなく新卒に関しても
長く働きやすい環境であることを
実績を残しアピールすることが採用活動上重要になるのかなと感じました。

クリック!【新卒/中途採用アウトソーシング・各種採用ツールのお問い合わせはコチラから!】    

Comments are closed.