Bernese-Mountain-Dog-Retriever

辞退の大量発生!? 6月1日は事実上の内定確定の日

本日は6月1日より大手企業を中心とした新卒採用が解禁になったことを受け、

新卒採用の学生の動向に関する記事をピックアップしました。

 

現在の新卒採用のマーケットは「売り手市場」です。
2016年卒の大学・大学院生の求人倍率は1.73倍となっています。
2009年以来、就職率は97.3%と1997年調査開始以来の最高値となっています。

この数字を見ても「学生が企業を選べる立場」であることは明白です。

 


6月1日は「選考スタート日」ではない!?

 

6月1日の「解禁日」とは、企業が学生に対して面接の選考をスタートできる日として注目されることが多いですが、この「解禁日」とは、採用担当者にとって、優秀な学生たちが「わが社を第一志望と評価したか」が明らかになる重要な一日ともなるのです。

 


6月1日に次々と採用市場から消えていく優秀な学生

 

ここ数年、企業は「リクルーター制度」を復活させています。

この制度は、リクルーターと呼ばれる現場社員が、学生と面談を行い、仕事や業務に関する話をしたり就職相談を受けたりするというもので、早期に優秀な学生とコンタクトをとり、自社に興味を持ってもらうことが狙いです。

この制度を進めている企業は、毎年、「解禁日」に内定を出します。

 

優秀な人材は内定を受け取り、こうしている今も、次々と就職活動を終了しているのが現状です。

「選考解禁日」は「就活終了日」にもなり得るということです。

 


大量発生する「内定辞退」問題

 

企業がここまで「初日」にこだわらなければならないのには、理由があります。それは、売り手市場に伴う「大量の内定辞退」という問題です。
2016年卒の採用活動を見ていても、企業側の混乱は相当なものでした。
内定辞退者が想定していた以上に出てしまい、パニックに陥った大手企業もあります。

 

そこで、「落選」の連絡をした学生に対して、「選考再開」の案内を送るという緊急措置をとることになりました。
せっかく内定を出しても、学生に逃げられてしまい、採用計画が大幅に変更してしまうため、志望度の高い学生を一人でも多く確保し、何としても彼らを囲い込みたいというのが企業側の気持ちとなっております。

 

今回の紹介記事はこちらです

http://diamond.jp/articles/-/91883

木曜日担当の豊泉がお届けいたしました!
次回の更新もお楽しみに!!

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新卒採用支援、新卒採用アウトソーシング(新卒採用代行)ならキャリアマート

採用ノウハウに関する無料セミナー随時開催中です!

無料コンサルティングから採用業務の代行まで、キャリアマートにご相談下さい

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

Comments are closed.