内定ブルー

採用アウトソーシング会社キャリアマートのオフィシャルブログ、
キャリブロ木曜日担当のサーズデー秋山です。

9月も中旬に入り、夕方は特に秋らしい風を感じる様になりましたが、
みなさま体調崩されていないでしょうか。

さて、先日、この様な記事を見つけました。
0919秋山

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~「内定ブルー」どうすれば? 漠然とした不安、憂鬱な気分に~

(以下本文一部抜粋)
9月も中旬に入り、内々定を取得した学生には内定式の案内が届く時期です。
リクルートキャリアの就職内定状況調査によると、8月時点で内々定を取得している大学生の約8割が就職活動を終了しています。
いったんは入社意思を固めたはずですが、正式な「内定」を付与される内定式が近づくと、
漠然とした不安や憂鬱な気分に悩まされる学生も多くなります。

企業側もこうした学生の状況を把握し、接点を持つべく工夫しています。
今春就職した先輩には、どんな影響があったのでしょうか? 
内定者懇親会や内定式など社員や他の内定者と直接交流できる機会に参加し、
入社意欲が高まった先輩が3~4割います。一方、企業と何らかの接点があっても、
特に入社意欲が高まらなかった人も2割強存在しています。

企業や内定者との接点を十分に活用するには、どうすればいいでしょうか? 
大切なのは不安や憂鬱を曖昧なままにせず、正体をはっきりさせることです。
そうすれば、社員や他の内定者に質問・相談したい点を整理できます。
働くイメージが湧かないなら、新入社員の一日のタイムスケジュール、能力不足が心配なら、
就職前に準備できることや入社後の研修について聞いてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの記事のグラフを見ると、
「入社意識がより高まったもの」で最も多かったのが「内定者懇親会」でした。

やはり内定者懇親会の際に、色々と話をして語り合うことで、
入社意識も高まるのかもしれません。

ちなみに、弊社もこれから実施します。
私も、とても楽しみにしております。

Comments are closed.