0817

採用活動で重要な「今」しかできないこととは!?

いつもキャリブロをご覧いただき、ありがとうございます!

 

 

さて、2018卒の採用選考解禁が6月1日で確定し、
来期の検討を本格化されている企業様もいらっしゃるかと思いますが、今回は
「今、検討中」 の企業向けで情報をお届けいたします。

 

 

(1)内定辞退が起きやすい企業、6つの特徴。
(下記に当てはまる企業様は要注意です)

・量的な母集団形成が採用の最重要ポイントだと思っている
・選考の内容が各担当者へ共有がされていない
・選考の内容が「相手を見極める」質問ばかり
・動機形成をしていない
・とりあえず内定を出し

 

 

学生を「選考過程に育てていく」そんなイメージです。
来た学生をそのままフローに乗っけるだけでは、もったいないです!!
学生さんの欲求(インサイト)を徐々に埋めていき、
企業の「ファン」へと育てていくことが必要です。

 

 

最終的には承諾・入社に至る確率UPへ…では、学生が何を求めているのか??
どうすれば入社への動機形成ができるのか??

 

 

 

(2)新入社員「働くことの意識」調査結果

http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001478.html

「働く目的」は、「楽しい生活をしたい」:増加(昨年度37.0%→41.7%)

もっとも学生の奥底にある想いはこれです。
「楽しい生活をしたい」=「楽しい生活が送れる会社」です。
学生の企業を選ぶ最大のニーズ・インサイトだと仮定ができます。

 

 

学生の本音は、
「自分にとって、最も楽しく生活が送ることができる会社。」
に内定承諾をしております。
だから…そこまで想像させることができると、承諾へとつながります!!
しかしながら、ニーズ・インサイトが埋まる項目は学生によって異なります。

 

 

「業界順位:安定性」がハマる人もいれば、
「福利厚生」「一緒に働く人」「やりたいことができる」…etc

 

 

福利厚生が充実していることで、「楽しい生活」になる人もいますし、
残業があっても給与が高ければ、「楽しい生活」になる人もいます。

 

 

決して簡単ではないですが、このカテゴリーを考えることが重要です…..
当然、企業ごとに考えるポイントは変わります。

 

 

そこで「今、18年度を検討中」の企業様は、考えて欲しいのです。

 

 

・一個人の学生・ターゲットの学生が欲しいものは何なのか?(What)
・どのコンテンツで届けるのか。(How)
・自社の持つリソースで、どこに選択・集中をしてけるのか(戦略)

 

 

学生の本音を考えていくことは非常に設計において重要です。
ヒトをもってして、学生に伝えるのか、
カネをもってして、学生に魅力付けしていくのか。色々です。

 

 

一回、自社を見つめ直していくと自然と承諾率の改善へとつながると存じます。

 

 

「今」だからこそできる内容でした。
何か1つでも参考になれば幸いで御座います!

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 〓〓〓〓
17卒の最新成功事例を無料で配布しております。
18卒の採用戦略を立てるヒントにして頂ければと思います。
ダウンロードは下記よりお気軽にどうぞ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 〓〓〓〓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新卒採用支援、新卒採用アウトソーシングならキャリアマート!

採用ノウハウに関する無料セミナー随時開催中です!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

Comments are closed.