内定率

採用アウトソーシング会社CareerMartのオフィシャルブログ、
キャリブロ土曜日担当のSaturday臼井です。

こんにちわ!
ついに梅雨入りしてしまいましたね。
今日は大阪も夕方あたりから激しい雨と雷でした。
雷が近くに落ちて仕事中にビックリしてしまいましたね。

雨は嫌いではないですが、
傘を持ち歩くのが面倒です・・・
イギリスに旅行に行った際、
ロンドンの人は少しくらいの雨では傘をさしていませんでした。
イギリスは頻繁にスコールが降るので慣れているのですね~
なんだかそれがカッコよかった★ので、
私も少しくらいの雨では傘をさしません!!!!!
水も滴る・・・なんちゃらを目指していきたいですね!

さて、
本日のテーマは 「内定率」です!!!

株式会社リクルートキャリアの調査によると、
2015年3月卒業予定の大学生の就職内定率は
5月1日時点で前年より8.4ポイント高い47.7%だったと発表されました。
文理系では文系の改善幅が大きく8.6ポイント増の45.3%、理系は7.5%増の52.6%でした
男女別では男性が8.7ポイント増の50.1%、女性が7.8ポイント増の44.6でした図2
内定獲得者のうち、
2社から受けた人は23.2%、3社以上が19.3%と、
複数の会社から内定をもらった学生が割以上いました。

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は
「景気回復を背景にした昨年来の人手不足感が高い採用意欲につながっている。
一部の企業が採用スケジュールを前倒ししたことも5月段階での大幅な改善の要因だ」
と分析しているようです。

例年苦戦していた地方大や女子大の就職担当者からも好調が伝えられているという。。。

調査は5月2日から12日にかけてインターネットで実施し1884人が回答した。

(リクルート「2014年5月度 内定状況について」【速報】- 『大学生の就職内定状況調査(2015年卒)』より -   株式会社リクルートキャリア (2))

いわゆる就職氷河期から、
抜け出そうとしているのでしょうか・・・?
ちょうど私が就職活動をしていた時期が、
いわゆる氷河期といわれる時代だったのですが、
確かにその時に比べて、
学生の雰囲気や企業の採用への考え方など、
変わりつつあると感じています。
企業の採用活動が積極的になっているということなので、
学生にとっても企業にとっても、
良い傾向なのではないかなと感じている次第であります。

ですが企業の採用活動が活発になってきている今、良い学生を採用することは
困難になってきているという事実もあります。
そんなお悩みを抱えている人事さん、是非、↓をクリックしてください!

採用に関してのお悩みはコチラから!https://www.careermart.co.jp/contact.html

 

Comments are closed.