社会人基礎力とは?

こんばんは。
キャリブロ木曜日担当のThursday山本です。

突然ですが、先週の土日に会社の同期 と草津温泉に行って参りました。
交通費をケチったため、JRで4時間揺られましたがとっても楽しかったです。

自然と温泉をのんびり満喫してリフレッシュできました!
もう少ししたら紅葉の季節なのでまたどこかに行きたいな~なんて考えております。 

kusatsuonsenyubatake11

さて、今回のテーマは「社会人基礎力とは」です。

火曜日担当のTuesday篠村も言っていましたが、そろそろ内定式ですね。
内定式や入社研修でよく使われる「社会人基礎力」という言葉。

この言葉は経済産業省によって
「職場や地域社会の中で多様な人々と共に仕事を行っていくうえで必要な基礎的な能力」
と定義されたものなのです。

・・・ご存知でしたか?

この「社会人基礎力」は
■前に踏み出す力(アクション)
■考え抜く力(シンキング)
■チームで働く力(チームワーク)

の3つの能力を言い、さらに12の能力要素から成り立っています。

■前に踏み出す力
・主体性
・働きかけ力
・実行力

■考え抜く力
・課題発見力
・計画力
・創造力

■チームで働く力
・発信力
・傾聴力
・柔軟性
・情報把握力
・規律性
・ストレスコントロール力

(・・・・・・なんだか自分に足りないものだらけで悲しいですが)

企業が社員に求めている以上のことを、
まずは認知させるために内定式や入社後の研修で話すという
企業が最近は増えてきています。

仕事内容や社風を伝えることはもちろん大事ですが、
まずはこれからに向けての心構えを伝えていくことが重要ですからね。

研修の入口とも言える内容ですが、
意外ときちんと説明出来る方は少ないかと思います。

少しでも

「へえ~」

と思っていただけたら幸いです。

クリック!【新卒/中途採用アウトソーシング・各種採用ツールのお問い合わせはコチラから!】

  

Comments are closed.