内定出し後の保護者フォロー

こんばんは。
キャリブロ木曜担当のThursday山本です。

最近の朝、寒すぎませんかね?
Thursday山本は寒いのが大嫌いなので11月現在、既にツラいです。
これからもっと寒くなるだなんて考えたくもないです。

images

さて、寒さへのグチはここまでにしまして
今回のテーマは「就職活動における保護者の現状」です。 

みなさん、「オヤカク」という言葉をご存知ですか?
これは採用活動において企業側が内定者の保護者に対して事前に確認を取ることを言うそうです。

最近では徐々に保護者の影響が広がりつつあり、マイナビの調査ではこの1年で
「保護者の反対で内定を辞退された」経験を持つ企業が16.5%存在するそうです。

さらに「保護者から採用担当者あてに電話があった」も7.6%あり、
保護者に対して何らかの対策を検討する企業が増えてきても不思議ではなさそうです。

実際に保護者への対策として講じられている策としては
・経営者の考えを文章等で明確に打ち出す
・社員の家族を交えた職場見学会を設け、そこに内定者と保護者を招待する

等があります。

内定者だけでなくその保護者にまでフォローの手を広げるとなると採用担当者の仕事が増える一方ですね。。。

他社事例やフォロー内容の企画でお困りの際には一度キャリアマートにご相談ください!

クリック!【新卒/中途採用アウトソーシング・各種採用ツールのお問い合わせはコチラから!】 

Comments are closed.