大卒3人に1人が。。。

こんにちは。
採用アウトソーシング会社CareerMartのオフィシャルブログ、
キャリブロ月曜担当のMonday齋藤です。

土日はハンドボールで練習やら試合やらでした。

突き指や、みぞおちを何発もくらいました。。。。
痛いです。筋肉痛だし。
1920x1080_22_tatemono-003

話は大きく変わって真面目な記事を取り上げます。
先週発表された内容で、多くの方々がご存知かと。
『大卒3人に1人が卒業後3年以内に離職』

採用人数が大きくなってきている中で、
年々の離職率の増加は望ましくない。
離職率の高い業界というだけで、エントリー時点で
企業の印象がマイナスになってしまいます。
宿泊業、飲食サービスというメイン業界にしているだけで、
偏見を持たれてしまいエントリーやPV数が落ちてしまうことも見込めるかと。
個人的にはこの報道が学生の耳に届いていないと次年度への影響が減りそうで良いかと。

しかし、学生がこの現状を知らなかったとしても、
大学の就職課が聞いてたら、学生にこの情報を伝える可能性が高いです。
なぜなら、大学としても卒業生の離職率の低さは評価に値するからです。
就職課が学生に、この業界は◯◯な環境だよ。と教えています。

対策は採用担当者自身が、大学へ訪問して、偏見をなくすのが早いかと。
あとは説明会に来た子には、自社は他と違うことをアピールするぐらいしかないですね。

ここで誤解をなくせれば、同業他社との差別化ができるかもしれません。
やるべき価値はあると思います。

ぜひ今年度、来年度の採用スケジュールに訪問や丁寧な説明会を検討してください。

Comments are closed.