「ぼくの夢」「わたしの夢」

こんにちは。

採用アウトソーシング会社CareerMartのオフィシャルブログ、
キャリブロ金曜日担当のFriday文野です。

最近はめっきり寒くなり、空気が凍ってる感じがします。
私はインドアに拍車がかかり、休日は家と同化してしまいそうです…。

さて、話は変わりますが
だれしもが通過する小学校の卒業文集、みなさんは何を書いたか覚えていますか?
「夢」がテーマだった学校はきっと多かったですよね。
私はなんて書いたか覚えておりません。
たいていの人はきっとそんなものですよね。

最近のハッピーなニュースと言えば
錦織圭選手がワールドツアー年間最終戦でベスト4に進出しましたが
彼の小学校6年生のころの夢は

「世界チャンピオンになること。」

あと一歩のところまできているんですから、
尊敬します。

無題

サッカー日本代表の本田圭佑選手の卒業文集は有名なので
ご存知の方も多いかと思いますが
著名になった、また活躍している方の卒業文集って本当に鳥肌が立ちます。

・やりたいことを口にする。
・夢への努力を継続する。

この2点が重要なのでしょうか。

夢を人に話すときって少し恥ずかしい気もしますが
熱く真剣に話せる学生って
…いるんでしょうか?

そういった学生が入社すると
会社がさらに活気づいていいかもしれません。

たまには違った角度から
雑談に近い感じで「将来像」を聞いてみるのも面白いですね。

クリック!【新卒/中途採用アウトソーシング・各種採用ツールのお問い合わせはコチラから!】

Comments are closed.