blog8

学生のインターンへの参加目的は?!

こんにちは。
採用アウトソーシング会社CareerMartのオフィシャルブログ、
キャリブロ金曜日担当のFridayスジです。
5月の初めを飾ることになりました。
今日の天気もよく晴れ、風が気持ちいいですね。
来週にはゴールデンウィークに入りますが、皆様のご予定はいかがでしょうか。
韓国では5月は家庭の月と呼ばれ、親の日や子供の日には家族と過ごしたりします。
家族とのんびり過ごすGWもいいですね♪
さて、今回は、「インターンシップ、ショートプログラムに対する学生の認識の変化」
についてお話したいと思います。
↓↓↓↓↓↓
↑↑↑↑↑↑
まず、こちらの資料を見ますと、インターンシップ参加の主な目的は
「自身の成長のため」から「業界研究のため」に変化していることがわかります。
このことは、学生達のインターンシップへの認識が、就職を意識し、
少し変わったという意味ではないでしょうか。
韓国でも大抵の学生がインターンシップに参加します。
韓国は1カ月以上の長期のプログラムが多いそうですが、
日本は半日から一週間程度の短期のプログラムが多いようです。
しかし、期間が短いにも関わらず、インターンの参加後、
「この企業に就職したい」と答えた学生が多いというのは
職場の雰囲気や実務に直接触れてみることで
企業の魅力をより感じられたためではないかと思います。
上記のことから、インターンシップは学生に企業の魅力をアピールできるだけでなく、
モチベーションを持たせる重要なチャンスだと考えられます。
インターンシップの実施をご検討の際は、是非弊社にお問い合わせください。
以上、Fridayスジがお送りしました!
それではまた次回!

Comments are closed.