blog4

就活において、ネットが引き起こす問題

みなさんこんにちは。
キャリブロ水曜日担当の飯野でございます。

今回取り上げるニュースはこちらでございます。
ネットを使った就活で、不安を感じたこと

こちらの記事でお伝えしたいことは3点です。

【1】企業の評価

インターネットを利用して母集団を形成したい企業様、履歴書の管理など、
紙を使わずに行えるので、その分時間も削減できましたが、
母集団を形成するにあたり、応募者側も企業のことを調べていると言うことをお忘れなく。

記事によると自分の興味がある企業が、ブラック企業などの評判が無いかを調べて、
その情報を元に応募する学生が増加しているとの事。

見ている人は見ている、最近はFacebookの情報などから所属企業なども割り出せる時代。
離職率や汚職などは露出を避けたいところです。

【2】埋もれないように

中小企業様のお悩みで多いのがこれですね。

求人媒体を利用している人に対してDMを打っても、他の企業もどんどん送るので、
すぐにメールボックスがいっぱいになり、気になる企業をメールボックスから探せなくなり、
結果的に応募までつながらない。

便利になった一方で、情報が多すぎるのも難しいところですね。
企業名ではなく、面白いキャッチフレーズなどでひきつけると、
応募者も覚えていてくれるかもしれませんね。

【3】数打って当てる

応募者側も企業側もお悩みのところ。

応募者からすれば多くの内定先から、一番自分にあった会社を選びたいので、
大量に応募して、そこから都合にあったところを選考する。

企業側からすれば、良い方とめぐり合うために、
より多くの方からの応募を確保する。

すると、応募者側は自分の行きたい企業がどこなのか逆にわからなくなってしまったり、
企業側からすれば、数では多く見えるが、実際に出会えている人の数に悩まされたり、
便利になった一方で、不便になった部分も多くなったと思います。

人を選ぶことは書面や画面でなく、実際に会ってから!
媒体の管理で手一杯でしたら、弊社のアウトソーシングサービスを是非ご利用ください。

人と人とをつなぐキャリアマートをよろしくお願いします!

気になったかたは下記HPをご覧ください。
キャリアマートホームページ

お問い合わせはこちらから!
お問い合わせフォーム

以上、うぇんずでい飯野でした!

Comments are closed.