mizu

就職活動は音も無く

こんにちは
キャリブロ水曜日担当のうぇんずでい飯野です。

金曜日担当はスジさんなので、
ちょっと先取りで私がご紹介。

24日は丑の日でございます。
丑の日とは、その日にうのつくものを食べると、
夏ばてに良く利くといわれていることから、うなぎを食べる日と思われております、
わたしはうのつく長い食べ物としてうどんを食べるのが日課となっている日です。

今年は丑の日が2回あるので、うなぎとうどんを召し上がってはいかがでしょうか。

さて、本日ご紹介する内容は、
サイレントお祈りについてでございます。

言葉を見たときにピンと来なかったのですが、
サイレントを隠すとあ~となりました。

思い返すと、そんな事もあったなーというくらいですが、
当時の気持ちはしんどかったというのを思い出しました。

サイレントお祈りとは、その名の通り、
お祈りメール、通知をせずに、選考を受けたにも関わらずその後の連絡が全く無いことを指します。

企業側からすると、わざわざ不合格の通知をしてまで、
学生のメンタルに負担をかけたくないと思う一方で、
学生からは、あの企業は自分のことを見てもいなかったのかと思ってしまうなど、
双方にとって難しい問題であることが伺えます。

どっちが正しい、良い悪いは言い難いですが、
最近SNSでも既読スルーで自殺してしまう現象などを見ても、
発言や行動に応答が無いというのは、応答があるよりもメンタルにダメージを
与えるのではないかと思います。

ニュースではマツコデラックスさんが、「我慢しなさい」とおっしゃっていますが、
就活生にとって、人生の大きな道を選択する場面において、
社会人になってもそんなことがあるのかと思われてしまう要因となりかねないので、
企業側も辛いでしょうが、yes、noを伝えてあげるのが役目なのではないかなーと個人的には思います。

見解が分かれる分野とは思いますが、
何かご意見があってもおかしくないので、
お問い合わせフォームよりどしどしご意見ください!

今回ご紹介した内容は、
下記URLよりご覧いただけます。

マツコが「我慢しろ」という「サイレントお祈り」 就活生に不採用は伝えなくていい?

ご意見に関しては下記よりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

弊社ホームページは下記よりご覧ください。

キャリアマートホームページ

Comments are closed.