43605113_624

学生は企業をどうやって選んでいるのか?

 

こんばんは!
Tuesday中尾です!
8月に突入して、早いところでは
先週あたりからお盆休みとなっている企業様も多いのではないでしょうか。

先日私は、
実家の母に「お盆に帰省する」と伝えると
「その日は家には誰もいないよ、旅行中だからね」と
衝撃の一言が、、。

まさかの展開により
予定がなくなってしまったので、
自分の家でゆっくりしようかと思います・・
さて、今回はこちらの記事をご紹介します!

 

http://data.recruitcareer.co.jp/research/2015/07/2016-31a0.html

学生が企業を選ぶときに、

企業のどんなところをみて選んでいるのでしょうか。

こちらの記事を見ると

・文系学生→社内の雰囲気、コミュニケーションの密度に注目
・理系学生→仕事とプライベートを分けられる環境かに注目

こんな特徴が見受けられます。
文系の学生よりも理系の学生のほうが
仕事とプライベートを区別したいと
感じていている学生が多い傾向があるようです。

また、文系と理系で共通しているのが
「休暇や給与がきちんともらえる安定した企業かどうか」
という点です。
このような視点で選んでいるせいでしょうか、

実際に
「志望している企業から内定を頂いたので・・」
という理由で辞退のご連絡を頂きますが、

その中でも
ちなみにどちらの企業から頂いたのかヒアリングをすると
まったく職種の違う企業様の名前がでてきて
驚かされることもしばしば…。
「自分のやりたいこと」で企業選びをしている学生は
少ないのかもしれませんね。
以前から何回かブログの記事で
「社員同士の仲の良さを伝えると学生の反応がよい」と
紹介していましたが、

それにプラスで
「休暇や給与面からの安定さ」
を伝えるようにするのもいいのではしょうか。
さて、本日はここまで!

次回はThursday佐藤です、
お楽しみに!!

Comments are closed.