もみじ

「2016年 学生内定取得率」

おはようございます!
月曜日担当Monday雨宮です。
皆様、今週末はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は、大好きなコスモスの花が元気に花びらを咲かせ手いるのを見て、
秋本番となってきなと感じることができた、穏やかな週末でした。
また、10/1に内定式を行なった企業様も多いのではないでしょうか
私は来年入社する、弊社の内定者の顔を見て自分の内定式を思い出しました。
不安な気持ちもありましたが、これから自分に待っている沢山の経験に目を輝かせていました。
そんな気持ちを内定者から思い出させて頂いたところで、
フレッシュな気持ちを忘れず、本日も張り切っていきたいと思います!!!

さて、本日紹介したい記事はこちら↓
【16卒就活、内定者は8割に到達。一方、未内定者の8割が就職活動「厳しい」と回答】

秋採用を始めた企業様、2017年採用をご検討中の企業様にお届けしたいニュースです。
この記事から分かることは学生の内定取得率です。
なんと、2016年採用では9月1日の時点で内定取得率が82.3%で、これは8月の内定取得率67.3%から15%伸びた結果となりました。
また、内定を取得している学生の中で、就職活動を終了した学生は80.2%。
内定を取得した学生の中で就職活動を継続している学生は15.5%となりました。
上記から分かる通り、9月1日の時点で就職活動を続けている学生は、未内定者と合わせると30.4%という結果になります。

秋採用を試みる企業様には、厳しい結果かもしれません。
16採用は売り手市場の加速により、母集団の形成はよりいっそう厳しくなりました。
また、学生を集客するために他企業との差別化をはかり、独自の企画で学生を引き付けるなどの試行錯誤が必須といえる、秋採用となりそうです。

2017年新卒採用をご検討中の企業様は、このデータをしっかりとふまえた上で、検討していただきたいと思います。

母集団獲得時期や選考時期を一歩間違えれば、採用に大きく影響する新卒採用市場となってきました。

学生へのアプローチ方法、母集団形成方法、採用時期・期間の見直し
今からでもやれることは沢山あります。
弊社も全力でご相談に乗らせて頂きます!

【弊社HP】
【お問い合わせはこちら!】
さて本日はここまで、
次回は水曜日担当の飯野君です。お楽しみに!!!

Comments are closed.