18

優秀な人財

こんにちは
キャリブロ水曜担当の飯野です。

朝は布団から出るのが、夜はお風呂から上がるのが辛くなるほどに、
寒くなってまいりましたね。

今回はタイトルの通り、優秀な人財の採用についてお話したいと思います。

前回、金曜担当のスジがお話しておりました、
SWOT分析を用いた求人票の作り方を応用し、優秀な人財の採用について、
私なりの見解をお話できればと思います。

まずはこちらのニュースをご覧下さい。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151014-00079843-diamond-bus_all

こちらのニュースでは、優秀な人財を獲得しようとする姿勢について、
優秀でない人材を採用してしまった後について少し書かれています。

ニュースにもあるとおり、まずは採用担当者が、
優秀な人財を採用したいと思うことが大事。
私もお客様先で、うちの会社にはこのレベルの学生は来ない、や
入社前から学力で差があるのは、他の内定者がかわいそうに・・・などと
お話を聞きますが、そもそもそれを思ってしまっている時点で、
私は他の内定者がかわいそうだなと思ったりします。

かつ、入社後の働きで、うまくいかないと感じた子は、
自主的に退職してしまい、次の就職先に困るなんてことが起きかねません。

学歴や、勉強のできるできないではなく、
ポテンシャルで、その子に合った部署や職種で採用できるよう、
前述のSWOT分析を利用し、エントリーシートなど作成してみてはいかがでしょうか。

長所・短所で区切ってしまうと、
みんな同じような事を書いてしまいますが、
ここが長所です、ここが短所です、
入社後、長所はここで発揮できます、短所はここですが、
御社にはそれを補えるほどの○○があります、あくまで概要なので、
企業様によってはもっと特徴的なものを作れます。

また、それを記入してもらったら、
とことん学生の気持ちをグリップしてください。

君のここはすごくいい、ただ短所を埋める部分が少し弱い、
社長の面接はこれでは通らないので、もう少しこの部分を細かく説明できるように、
考えてきてくれるかい、社長面接の前に最終打ち合わせをして、
一緒に攻略しよう、私は君と働きたいと思っていると、
伝えきっちゃってください。

私は就職活動中こんなことをいわれた企業に本気で入社したいと思っていました。

結果的に社長の面接が通らず、残念な結果にはなってしまいましたが、
ポテンシャルを持った、優秀な人財についても同様です。

まとめますと
1.優秀な人財を採用するという気持ちを改めて見直す
2.気持ちをグリップする為に、戦略を考える

たったこれだけです、ネームバリューに目もくれない、
そんな尖った人財の採用を一緒に考えましょう!

気になる方はコメント、もしくは下記HPからお問い合わせ下さい。

http://www.careermart.co.jp/

Comments are closed.