採用コンサルティング・アウトソーシング
(採用代行)のキャリアマート

初めての新卒採用

多くの求職者に自社の存在を知ってもらい、
興味を抱かせ、適性を見極めて入社へと結びつける。
新卒採用のフローはマーケティングに似ています。
ここでは、初めて新卒採用を実施する際に、
押さえておきたいポイントをご紹介しています。
予算をムダにしないためにも、ぜひご一読ください。

新卒採用準備

新卒採用準備

未経験者の採用には、社内から反対や不安の声が出ることも少なくありません。まずは、『新卒採用を導入する目的』を明確化して、社内の各部署と共有することが大切です。『求める人物像』や『採用基準』を設定し、面接者やリクルーターを選定するなど、しっかりと事前準備を整えましょう。

資料をダウンロードする

予算

予算

「企業は人なり」が真実だとすれば、採用予算はコストではなく投資です。とは言え過剰投資はもちろんNG。広報予算(約50~300万円程度)に加え、入社案内の作成や説明会会場費・移動費、適性検査やアウトソーシングなどの各種費用が必要になるため、初めに最適な予算配分を計算することが求められます。

資料をダウンロードする

採用フロー

採用フロー

インターンシップなどのプレ採用期、リアルとネットを駆使した広報期間、説明会や面接で求職者と実際に対峙する選考期間、内定出しから入社までのフォロー期間。一般的な流れで言えば、新卒採用はこうしたフローで進みます。各ステップでバランス良く「惹きつけ」と「見極め」をおこなうようにしましょう。

資料をダウンロードする

用語集

用語集

就職協定や倫理憲章、母集団形成にインターンシップや合同企業説明会と、新卒採用にまつわる専門用語は意外と多く存在します。業者からの提案資料がちんぷんかんぷんで分からない、そんな時にはこちらの用語集をダウンロードしてご活用ください。

資料をダウンロードする