Z世代とは?イマドキ学生が描く働き方と価値観を解説!

本日のキャリブロはZ世代と言われる新しい価値観を持ち合わせた世代」についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

Z世代とは?

Z世代とは、1996年〜2012年生まれの若者のことという風に定義されています。

Z世代≒1996年生まれ(23才)まで 別名「ソーシャル・ネイティブ」

参照:JOIN THE DOTS

Z世代が成人を迎える年齢となりこれからの社会に出ていく中で、これまでとは異なる価値観を持っているZ世代の若者たちについて知ることが重要です。

Z世代の特徴

子供のころからSNSを通して世界中の様々な情報を得ることが多く、国境を越えて様々な価値観に触れることで、グローバル意識や社会問題への意識も高くなっています。

また、様々な価値観から自分に合ったものを選択し、有名ブランドよりも個性や自分らしさを追求する傾向が強くなっています。

価値観についても今までとは異なる特徴があり、Z世代は個性と多様性が融合した新しい価値観を持っている傾向があります。お互いの個性を尊重し、様々な価値観を受け入れようという考えを持ち、人種や性別などに対する不平等さにも敏感で、さまざまな場面で平等性を求めることがあります。

また、親世代がリストラや増税、就活氷河期、リーマン・ショックなどの不況の中でシビアな社会状況に置かれているところを見て育っていることからか、リスクを避けて、安定を求める傾向があるのもこの世代の特徴だといえるでしょう。

参照:Z世代とは?その価値観と働き方に迫る

Z世代の4つのタイプ

Z世代には大きく分けて4つのタイプがあります。Z世代 人生ガチ勢・ソーシャルよいこ・様子見フォロワー・省エネぺシミスト

参照:Z世代=「若者」とひと括りにしていませんか? 4タイプの特性とソーシャル利用を解説

 人生ガチ勢  

このタイプは、人生を楽観的にとらえる前向きな若者が多く、リーダー気質を持ち、交友関係を大事にする人に多く見られるタイプです。しかしながら、伝統的な仕事観や、上下関係を重視するなどの保守的な面も持ち合わせている傾向があります。

省エネペシミスト

このタイプは⼈づきあいが苦⼿で、努⼒などが必要なことはやりたくない、⽬⽴ちたくない、などがんばりたくない若者が多く、無駄なものは持たないなどミニマリストの傾向も強い。⾃分⾃⾝を真⾯⽬な性格だと考えているが、声をあげても世の中は変わらない、努⼒しても報われないことが多い、など⼈⽣を悲観的に捉えており、この点では「人生ガチ勢」と対照的なタイプになります。

ソーシャルよいこ

新しいものが大好きで、トレンドに敏感なSNSの使い⽅が極めて特徴的な若者に多いタイプで、他⼈の⽬を気にして悪目立ちを嫌う傾向があります。

様子見フォロワー

大きな特徴の見出しにくいタイプで男性に多い傾向があり、他のタイプと比較して、価値観のばらつきが多いことが特徴です。また、自己主張せず、空気を読むことが多いのもこのタイプに多い傾向があります。

関連記事

今回は、多くの企業が採用ターゲットとしている20~30代のミレニアル世代の特徴と、今後採用ターゲットの中心となっていくZ世代の特徴についてまとめました。 ミレニアル世代やZ世代が何に関心を持ち行動をしているのか理解をして、自社の採用戦[…]

ミレニアル世代とZ世代違い、Z世代の採用手法

Z世代の理想的な働き方

Z世代は自分たちの正しい価値観によって行動するため、会社や組織にも正しさを求めます。かつては会社のいう事は絶対といった風潮の時代もありましたが、これからはその常識は通用しないため、Z世代が信用できると感じられるような環境を作ることが重要です。

他にも

  • 社会貢献をやりがいに感じる
  • 仕事に対して堅実な傾向
  • オープンなコミュニケーションを求める
  • プライバシーを重視
  • 平等性・合理性を求める

などの理想的な働き方を持っていることも知る必要があるでしょう。

新入社員のために企業側がすべきこと

彼らが活躍しやすい雰囲気を作るためには、

プライバシーや個人の価値観を尊重する、コミュニケーションを大切にするなどの意識が必要です。

理にかなったことを理想とするまじめな世代であり、堅実な考え方も持っているため、決して上の世代に遠い存在ではないはずです。理解して仲間意識をもって接することで良好な関係を築くことができ、これからの新入社員にとっても、この会社で働きたいという意識が強まります。

また、一対一のメンターをつけることで、コミュニケーションを取りやすくなるでしょう。メンター制度を取り入れることで、X世代、Y世代(ミレニアル世代)、Z世代それぞれが互いに価値観の違いに気付き、認め合えるようになるはずです。

情報過多の世界に生きているZ世代にとっては、適切なタイミングで必要な情報を伝えていくことが必要になるため、フィードバックを行うことも欠かせません。

参照:Z世代とは?特徴や価値観から考える、働き方や会社が準備すべきこと

まとめ

Z世代はミレニアル世代と同一視されがちですが、全く異なる価値観を持った新しい世代です。

これまでとは異なる価値観を持ったZ世代の入社後のミスマッチや世代間のトラブルを防ぐためにも、Z世代について深く知っておくことが大切となります。また、Z世代はこれからますます存在感を増していくのは間違ないため、これから台頭してくるZ世代を受けいれるだけの環境を、企業は早い段階から構築していく必要があるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

学生を集めたい