採用管理システム徹底比較!AOLC・SONAR・HARMOSを紹介!

採用管理システムとは、採用の母集団形成から内定者管理までのプロセスを、1つのサービス内で一元管理できるシステムのことです。従来はオンプレミス型で、インストールをして使用するものが主流でしたが、昨今はクラウド型でスピーディーに利用開始できるシステムモデルが主流となっています。

今回は中途採用に適した、採用管理システムのメリットや選び方をお伝えするするとともに、代表的な採用管理システム3つを重点的にご紹介します。

中途採用で採用管理システムを導入するメリット

採用管理システムを導入することで、人事担当者の作業負荷を削減することが可能です。その他にも、次のようなメリットが挙げられます。

【メリット】

  •   採用進捗を複数名に対してリアルタイムで共有ができる
  •   採用の各フェーズのKPIをワンクリックで表示、分析が可能
  •   主要な求人媒体との紐づけ、応募者管理が可能
  •   あちこち分散しがちなレジュメデータや候補者に関する情報を一元管理できる
  •   求人票を外部に共有することが可能(求職者、エージェントに閲覧権限を与えることができる)
  •   自社HPやSNSなど多様なサービスと連携しながら人事業務全般を一元管理できる

ここ数年で、人事向けSaaSサービスは急増しました。採用管理システムと各SaaSを連携させて、人的コストを削減しながら採用業務をデジタル化させていくことが重要です。

採用管理システムを選ぶポイント

採用管理システムと検索すると、非常に多くのサービスが出てきます。どのように選んだらいいのか、重要なポイントをまとめました。

初期費用+月額費用+オプション・カスタマイズ費用

採用管理システムの費用を考えるとき、「初期費用」と「月額運用費」に加えて、別途システムの「開発費用」や「カスタマイズ費用」がかかります。それぞれいくら費用がかかるか計算していきますが、特に「月額運用費」は従量課金制になっているかチェックをしましょう。

サービスによっては、採用担当者が増えてアカウント数が多くなるor対応候補者数が増えるに従い、費用が増えていく従量課金制をとっています。自社の応募数、管理者数が多くなる場合は、パッケージプランの利用や初期費用のディスカウントを交渉する必要があるでしょう。

連携サービスの多さ・操作性が良いか

ほとんどの採用管理システムは基本機能が似たり寄ったりで選びにくさを感じる方も多いでしょう。

基本機能で選ぶのではなく、連携サービスが自社にマッチするかどうかで選ぶと良いでしょう。多くの採用管理システムは、LINEやslackなど主流なコミュニケーションツールとは連携していますが、利用者がまだ少ない人事評価システムや、給与計算の労務ツールなどとは連携していないケースもあります。

 また、管理画面の操作はしやすそうか?という点も重要なポイントです。実際にデモ画面を触ってみて、直感的に使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

中途採用におすすめのシステム特徴・料金

中途採用におすすめの代表的な採用管理システムを3つご紹介します。

AOLC

AOLC(アクセスオンラインキャリア)とは、マイナビ社が提供する採用管理システムです。通常の情報一元管理はもちろん、セキュリティ環境を整備し安心に使える点が特徴です。

AOLCの主な特徴

  •   転職サイト、エージェント、自社採用HPなど流入経路ごとのデータを管理できる
  •   エージェントや候補者とのメールやりとりも管理画面下で一括可視化
  •   容量課金ではないのでコストパフォーマンス良く長く使える
  •   導入実績は900社以上

価格

非公開となっています。資料請求、詳細問合せをして見積りを出してもらうことが可能です。

SONAR

採用管理システムの中で、新卒採用と中途採用、アルバイト採用すべてを一元管理できるのはSONARの大きな特徴です。

SONARの主な特徴

  •   700社以上の導入実績あり
  •   採用業務をわかりやすく可視化した独自のフロー管理機能がある
  •   採用回りで頻出するサービスと連携可能(例:Googleカレンダー、LINE、Wantedly、indeed、カオナビ、OfferBox、intervew maker等)
  •   初期導入サポートからヘルプデスク体制まで安心のフォロー体制
  • 1か月単位で利用可能

価格

基本機能(ロー管理、ジョブボードなど、基本的なSONAR ATSの機能)とアドオン機能(ペーパーレス化や自動化をより進める機能など、SONAR ATSをより活用するための機能)を組み合わせて価格設定をします。

基本機能について

候補者/月3000人登録までは、初期費用96,000円+月額48,000円~となっています。

候補者/月3000人以上の企業は問合せにて、詳細見積りをされる仕様です。

長期間利用する場合は、初期費用なし・月額39,917円のパッケージプランを選択する方がコストを抑えることが可能です。

アドオン機能について

ペーパーレス化機能(書類提出管理/面接評価入力/PDFファイル管理/ファイル出力)、自動化をより進める機能(カスタムフォローアクション/ブッキング/面接アサイン)、その他(マイページCMS/参照権限管理/トラッキング管理)を追加したい場合は、アドオン機能のプランを選択します。

初期アドオン機能が60,000円となり、その後、1アドオンに対して20,000円/月額となっています。

HARMOS

HARMOSは、HARMOS採用・HARMOS CORE・HARMOS評価のシリーズ展開している人財活用プラットフォームです。

HARMOSの主な機能

  •   求人票の作成(エージェントや候補者に共有するURLを簡単に発行可能)
  •   応募者管理
  •   ダッシュボードで業務のtodoを可視化
  •   求人ごとに親和性の高いエージェントをレコメンドする機能あり
  •   人事担当者ごとに権限付与の設定が自由にできる
  •   選考通過率や内定承諾率など各数値をレポーティング
  •   求人媒体とのデータ連携
  •   モバイル対応が可能

価格

非公開となっています。資料請求ページより問合せをして、見積りを出してもらうことが可能です。

まとめ

昨今、非常に多くの採用管理システムがリリースされました。

どの採用管理システムも、求人票の作成や応募者管理などの基本機能は同じです。費用感が自社に合っているか、他サービスとの連携はできるかをチェックしながら、自社にあった採用管理システムを選ぶようにしましょう。

関連記事

皆さんはエージェントコントロールという概念をご存知ですか? エージェントコントロールとは、企業人事とエージェント間のやり取りを密に行い、採用活動を効率的に進める動きのこと、またはエージェント企業の窓口業務を巻き取るサービスの総称を指し[…]

企業人事の強い味方!エージェントコントロールとは?

転職サイト媒体比較