採用アウトソーシング・採用代行(RPO)会社比較おすすめ12社

日本では少子高齢化の影響が問われて久しいです。

厚生労働省のホームページには日本人の人口推移に関する調査結果があります。

この調査によると日本の人口は15年前にピークを迎えており、現在は人口減少局面に入っていて、今から10年後の人口予想では、日本人の3人に1人が65歳以上の高齢者です。この結果から分かるように年々、労働人口が減少して企業の採用活動は益々、激化しております。

このような環境下、各企業は優秀な人材を確保するため、自前のリソースだけでなく、採用のプロである「アウトソーシング会社」に依頼する企業が増えています

採用アウトソーシングとは?

採用アウトソーシングとは採用業務を外部の会社が代行して行うサービスのことです。別名ではRPO(Recruitment Process Outsourcing)と言われています。

採用代行と言っても採用の全てを業者に任せる訳ではありません。

一般的には自社にしかできない採用計画や面接等を自前で行い、それ以外の雑多な業務を業者に任せ、この結果、採用に関わる費用のコストダウンと意思決定のスピードアップを実現します。

採用アウトソーシングのメリット

採用業務を採用代行会社に依頼するメリットとは何でしょうか?主な理由は3点あります。ひとつずつご紹介します。

社員が本来の採用業務に専念できる

採用業務と言っても採用計画から説明会の実施、面接会場の確保、スケジュールの調整等と広範囲に渡ります。

これら多くの採用業務を自前で速やかにミスなく実行するのは至難の技です。ましてや採用業務は、人を相手にしているため、ルーチンワークでなく、ケースバイケースの対応が求められます。

そこで採用代行会社を活用することで採用業務の「選択と集中」を行うことで社員はコア業務に集中できます。この結果、自社の企業にマッチした人材に逸早く辿り着くことができます。

プロフェッショナルの知識や経験を獲得できる

大手企業であれば採用専任の社員を置いている場合もありますが、中小企業では一般的に人事だけで無く労務や総務を兼任しているケースがほとんではないでしょうか。

従いまして通常業務を行いながら採用活動を行っているため、採用業務に集中できないケースがあります。また最近では採用活動にインターネットやSNSが利用されていますが、社員に知識がないため、採用の機会を逃しているケースもあります。

これに対して採用代行会社を活用することで採用専門スタッフの知識や経験を直ちに入手できます。

この結果、最新の採用ノウハウを活用することで優秀な人材を獲得するチャンスが増大します。

採用に関わる全体費用のコストダウンが可能である

企業にとってこの問題が一番気になる点ではないでしょうか。

採用業務は費用対効果が分かり難いのですが、全て自前で業務を行うと無駄な作業や突発的な残業等が発生することがあります。

これに対して採用代行会社は蓄積されたノウハウがありますので効率的な業務を遂行できるため、採用に関わる費用全体のコストダウンが図れ、更に事前に費用見積もりができるため、計画的に採用の予算を計上できます。

関連記事

突然ですが、皆さんの会社では採用代行を利用していますでしょうか?   昨今の採用市場は、就活ルール廃止や、売り手市場などの影響でうまくいっている会社とそうでない会社が二極化している話はよく聞きますね。 そんな中で[…]

3分でわかる!採用代行(RPO)のメリットとデメリット

導入した方が良い企業の特徴

採用代行会社を活用するのは全ての企業に有効という訳でありません。闇雲に採用業務を代行会社に任せても効果的な結果が得られないことも考えられます。

そこで採用代行会社を活用した方が良い企業の特徴を3つご説明します。

専任の採用担当者を持っていない企業

前述した通り、一般的には中小企業は採用担当者は、複数の業務を兼任していることが多いので、採用業務に集中できないだけでなく、採用スキルが蓄積されないことがあります。このような企業は採用代行会社を活用することをおすすめします。

大量採用を計画している企業

IT企業など短期間で業績が上がり、大量採用を計画している企業が該当します。

このような企業は経営者が全てを仕切るケースが見受けられ、非効率な採用業務を行なっている恐れがあるため、採用のプロに任せるくらいの寛容さを持って採用代行会社を活用することをおすすめします。

会社認知度が低い企業

例えば製造業であっても競争力のある部品製造に特化している企業などが該当し、業界では最優良企業でありながら知名度が思わしく無いため、応募が少なく新規採用に繋がらないことがあります。

このような企業は解決事例のノウハウを持つ採用代行会社を活用することで確かな実績を獲得できます。

【厳選】採用アウトソーシング会社のおすすめ12社

ここまでに採用代行会社が求められる背景や享受できるメリット、導入効果が高い企業をお伝えしました。

次に採用代行を行うおすすめの会社12社をご紹介します。

株式会社キャリアマート

キャリアマート 採用・採用アウトソーシング
<特徴>

  • 採用アウトソーシング業務で15年以上の実績、さまざまな採用ノウハウを蓄積
  • 業界でいち早くロボット(RPA)を導入・活用。
  • 作業を正確かつ高速に実現しコストダウンを図る
  • 柔軟なサポートでユーザー満足度95.8%を達成

<キャリアマートの採用アウトソーシング・採用代行(RPO)サービス(新卒)>

キャリアマート 新卒アウトソーシングサービスマップ

キャリアマートの採用アウトソーシング・採用代行(RPO)詳細はコチラ

 

株式会社ネオキャリア

<特徴>

  • 業界トップクラスの1万社以上(年間500社以上)の導入実績
  • 費用対効果の高いアウトソーシング料金
  • 土日祝・夜も、独自のコールセンターで対応可

株式会社レジェンダ

<特徴>

  • 800社以上の支援実績と豊富なノウハウを蓄積
  • 豊富なサービスメニュー
  • 貴社採用の背景や課題を踏まえながら、豊富な支援実績に基づくナレッジとノウハウを結集し、貴社のパートナーとして並走

株式会社学情

<特徴>

  • 東証一部上場企業で採用業務を企業に合わせてトータルで支援
  • 地域や志向性、市場の動きに基いた採用コンサルティングを行う
  • 独自の採用動向レポートを発行して企業に応じた採用業務を支援

 

株式会社マイナビ

<特徴>

  • 自社のデーターベースを活用した独自のアウトソーシング業務を実践
  • 顧客企業のニーズに合わせたプランの提供が可能
  • コアな採用業務を経験豊富なプロフェッショナルスタッフが代行

 

アデコ株式会社

<特徴>

  • 世界60ヵ国以上で展開する人材サービス企業で売上高は業界で世界No.1の規模を誇る
  • 600名を超える経験豊富なスーパーバイザーが在籍して採用業務を支援
  • 様々な雇用形態の応募者に対してトータルサポートが可能

 

株式会社ディスコ

<特徴>

  • 創業27年の老舗企業で採用に関する知識やスキルが豊富
  • 顧客企業からの継続率が90%以上と高い満足度を維持
  • 採用過程の企画立案と業務手順の構築を支援

 

株式会社ヒューマントラスト

<特徴>

  • 自社内に採用部隊を開設して専任スタッフチームが効率的な採用とコスト削減を実現
  • 面接の実務経験豊富なスタッフにより様々な形式の面接や評価基準の設計等も代行
  • 採用業務の効率化を図りながら、コスト削減を実現

株式会社パソナ

<特徴>

  • 自社BPOセンターを活用することで業務量の増減にも柔軟に対応
  • 採用のためのプロジェクトチームを速やかに立ち上げ可能
  • 企業が抱える様々な採用課題を自社のサービスで解決

 

株式会社ジーズコンサルティング

<特徴>

  • 顧客企業からの継続率が98%
  • 顧客ニーズに合わせた採用業務の代行を行う
  • 応募者との臨機応変な対応とスピーディなコミュニケーションを実現

 

マンパワーグループ株式会社

<特徴>

  • 世界80ヵ国で展開する総合人材サービス会社で日本での設立は54年目となる業界最大手の企業
  • あらゆる採用の悩みに対して採用のプロならではの知見で解決
  • 採用代行だけでなく、入社後の定着までの支援までフォロー

 

ランスタッド株式会社

<特徴>

  • 世界70ヵ国以上で展開する人材サービス企業で最適化されたソリュージョンで採用業務を的確に支援
  • 国内のグローバル企業にも対応するため、自社のアジアにある4箇所の採用センターから募集活動を行うことも可能
  • 企業が抱える様々な悩みを効率的かつ低コストで実現

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

昨今、少子高齢化が進んでおり、採用活動が激化しています。このような中、採用活動を全て自社で行うことはコスト面だけでなく、人材確保という企業経営の面からもリスクを伴います。

従って今後は、採用活動のコア部分だけ自社で行い、それ以外の業務は採用代行会社に任せるのが主流になると考えます。

OSCTA