ITエンジニアの中途採用の現状とは?おすすめマッチングサービス 11選

ITエンジニアは、デジタル化が進んだ現代においてIT業界のみならず、さまざまな企業にとって必要不可欠な人材です。経験がものを言うIT業界では、新卒でITエンジニアを育成するよりも、経験のある中途採用を優先したいと考える企業も多いはず。

そこで、「ITエンジニアの中途採用について現状やおすすめの採用方法」をご紹介します。

中途エンジニア採用の現状

2019年にみずほ情報総研株式会社が経済産業省に委託されて行った「IT人材需給に関する調査」によると、IT需要が拡大する一方で、今後労働人口は減少しIT人材の需要と供給の差はどんどん広がる可能性が高いと試算されています。

IT業界はすでに売り手市場と言われており、多くの企業がITエンジニアの人手不足に悩んでいるのが現状です。

優秀なエンジニアを獲得するためには

欲しい人材を明確にする

新たにITエンジニアを採用する場合、どんな人材が欲しいか明確にしておくことが大切です。

専門分野であるITエンジニアの採用には、ある程度知識のある人が関わって人事を行なわないと採用活動がうまくいかない場合があります。また開発の場合チーム制で業務を行うため、コミュニケーション能力も大切なチェック項目となります。

採用したいITエンジニアの経験値やスキル、組織内での役割などを明確にして採用をすすめましょう。

仕事内容を明確にする

ひと言でITエンジニアと言っても、扱っている範囲は幅広く専門分野によって職種が異なります。同じ開発分野でも、その業種の開発経験があるかないかでは経験値が大きく変わってきます。

こんなシステム開発に加わって欲しいなど、採用する際にはどんな仕事内容なのか明確にすることが重要です。

働きやすい条件をつくる

ITエンジニアは、労働条件が厳しいという印象があるかもしれません。残業過多になってしまっても、決まったスケジュール通りにこなさなければいけないという風潮があるためです。

それはITエンジニアの供給数が伸び悩んでいる一因になっている可能性もあります。昨今働き方改革が推奨されていますが、働きやすい環境づくりは社内雰囲気の向上に加えよりよい人材を確保することにもつなげられるでしょう。

リモートワークやフレックス制の導入など、ITエンジニアにとって働きやすいと感じる条件を作ることは企業努力として必要なことと言えます。

エンジニア採用におすすめの採用手法

求人サイト

転職を考えたときに多くの人が利用するのが求人サイトでしょう。ITエンジニアに特化した求人・転職サイトも数多くあるので、求人サイトの掲載はおすすめ採用方法の一つと言えます。

関連記事

転職希望者へより効果的にアプローチができる「転職求人サイト」 このようなお悩みをお持ちの方におすすめ うちの会社にマッチした転職サイトって何だろう? 転職サイトって正直どれも全部同じように見えるけど結局どれがいいの? […]

転職サイト おすすめ9社比較

人材紹介

企業の求める人材を紹介してくれる人材紹介は、多くの人が応募可能な求人サイトよりも自社の理想とする人材を採用できる可能性があります。

しかしその分、手数料など費用もかかってしまいます。うまくマッチングできなかったという場合も含め、社内でよく検討する必要があるでしょう。

リファラル採用

リファラル採用とは、社員などの人脈を使って知人を紹介してもらうシステムのことです。アメリカでは一般的と言われており、引き抜きやヘッドハンティングと類似した採用方法とも言えます。コスト削減や即戦力確保が可能です。

関連記事

ここ最近、採用マーケットにおいてよく耳にする「リファラル採用」。中途採用活動において検討の企業様も多いのではないでしょうか。導入するにあたり、報酬の相場は気になりますよね。今回は「リファラル採用の報酬相場と報酬額の設定方法」をテーマにお届け[…]

リファラル採用の報奨金額の平均額はいくら?報酬の決め方は?

エンジニア採用マッチングサービス比較11選

quick AGENT(クイックエージェント)

ITエンジニアの紹介に特化したエージェントに一括募集ができる採用代行サービスです。

採用担当者はウェブで募集情報を登録したら、各エージェントが内容を確認し条件にあった人材を紹介してくれるシステムです。急な人材確保などスピード採用にも対応可能で、複数のエージェントとのスケジュール調整も無理なく行えます。

paiza

ITエンジニアの持つ開発スキルをpaiza独自のジャッジシステムとテストで、5段階のランクに分けで判定します。

企業の求めるスキルを持ったエンジニアの採用が可能です。事前にテストを行っているため、あらかじめ方針などを決めて面接が行えるのも特徴の一つ。

Find Job!

求人内容と応募者の希望条件、スキルと企業の募集条件という2つのマッチ度でパーセンテージが表示され、自社の求人にマッチしているか判断します。

求人を載せる際に共に働く人のプロフィールを掲載できるため、入社後のイメージを持ちやすいのも特徴の一つです。マッチングが成立となったら課金が発生するため、採用単価を抑えることもできます。

Forkwell Jobs

ITエンジニアに特化したスカウトサービスです。

経験技術や技術レベルなど自分のスキルで求人を検索できるため、より希望に沿った人材確保が可能です。定期的に勉強会やイベントを開催して集客を行なうので、より優秀な人材にリーチすることができます。

Tech Stars

IT・ゲーム業界に特化し転職エージェントサイトです。

メンバーは全員エンジニア経験者のため、細かいニーズにも対応可能です。求職者に対し専門のキャリアアドバイザーがきめ細やかなカウンセリングをし、先のキャリアを見越した企業を紹介するので、再就職後の離職率の低さが特徴の一つです。

moffers by codeIQ

moffersは年収確約型転職サービスです。

企業側は、求職者に対して年収を提示した状態でオファーを出すため、年収のミスマッチを防げて安心です。

登録情報や職務履歴書などを丁寧にサポートするので、本人のスキルや人物像などが分かりやすく、企業側もしっかりと確認することができます。

sibire

東京にこだわらない働き方をコンセプトにしたsibire。

地方を拠点として働きたい人への企業紹介や地方への企業誘致、地方でのイベント企画や運営などを行ないます。

ITエンジニアだからこそできる地方での働き方を提案してくれます。

IT就職チャレンジャー

ウェブやゲーム、スマホ業界などで働きたいITエンジニアのためにIT業界専門の求人サイトです。

取り扱う求人は正社員の他に、契約社員や派遣社員、フリーランス、アルバイトなどさまざまです。求職者が匿名のスキルシートを作成して一括スキルチャレンジを行なうと、企業側は興味のある求職者にオファーを出して、アポイントをとることができます。

ベティ

IT業界で働いている、または働きたい女性に向けの転職サイトです。

女性のキャリアアップを応援しており、女性社員の採用を検討している企業におすすめです。ベティを通して採用が決まるとお祝い金として最大10万円がもらえるシステムもあります。

CODEAL

登録者数は約1.5万人で、職種はITエンジニアやデザイナー、マーケッターなどさまざま。

即戦力となる人材の早期獲得も可能です。即戦力の人材獲得にはコストがかかる場合もありますが、CODEALは無料トライアルの利用もできるため、採用獲得単価を平均1/3ほどに抑えられます。

MORE WORKS

クリエイターやデザイナーなどの求人に特化したサイトです。

職種、事業形態、スキルマッチなどさまざまな角度から求人募集をすることができます。ディレクターやプロデューサーといった経験値の高い人材の紹介も行っているので、即戦力として期待できる人材の獲得も可能です。

まとめ

ITエンジニアの採用は、人手不足に悩む企業にとって重要な課題です。

特殊な職種だからこそ、それぞれの企業にあった採用方法を検討する必要があります。効率的に優秀な人材の獲得をするために、ITエンジニアに特化したサービスの利用もぜひ検討してはいかがでしょうか。

関連記事

厚生労働省は2018年に働き方改革の一環として「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。 これを皮切りに大手企業のみずほフィナンシャルグループ、アサヒビール、SMBC日興証券等も矢継ぎ早に副業を認める発表をしています。こ[…]

パラレルワーカーとは?企業が採用するメリット&採用方法を解説!

転職サイト媒体比較