新卒だけじゃない?社会人・中途採用向けインターンとは?事例5選!

新卒だけじゃない社会人・中途採用向けインターン導入のメリットとは事例5選

昨今の新卒業界において「インターンシップ」は実施していない会社がいないのでは、と思われるぐらいの実施企業数です。キャリタスの2021年4月発行の調査によると87.8%の学生が参加しているということがわかっています。

開催が当たり前になっているインターンシップですが、最近「社会人インターンシップ」「中途採用インターンシップ」という形で、”新卒学生以外”を対象としたプログラムも出始めているのはご存じでしょうか?

今回はそんな「社会人インターンシップ」についてご紹介をしてきたいと思います。

社会人・中途採用向けのインターンとは?

そもそも社会人インターンシップって何?というのを簡単に説明します。

主に下記のポイントを持つものが該当します。

  • 対象:学生ではなく、転職意向がある社会人
  • 目的:中途採用の集客
  • 期間と内容:学生のインターンシップに近く、1日もあれば月単位にわたることもある

それでは、実際にやっている会社の事例を見て、理解を深めていきましょう。

社会人インターンシップ事例5選

事例では、いくつかの企業規模・属性でお話していきたいと思います!

日本マイクロソフト

ここでは主にプログラムについてご紹介。さすがマイクロソフトという感じでしょうか、しっかりと1ヶ月の導入期間を設けてからのプログラムが組まれています。

こちらは、通称「リターンシッププログラム」と呼ばれており、一度キャリアを離脱している人を主な対象としたプログラムになります。

期間

3~6ヶ月の有給プログラム

職種

アカウントセールス、プリセールス、ポストセールス、サポートエンジニア等

内容

  1. 選考複数回(人事・事業部)
  2. 最初の1ヶ月で、マイクロソフトのビジネス・プロセス・ツール及び職務内容への理解を深めるための基礎トレーニングを受講
  3. ジョブシャドウイング(上司・同僚がどのような仕事をしているか密着して観察)をした後、実際の仕事の一部を実施
  4. 都度マネージャーと面談(1on1)の実施

    参考:HR NOTE「日本マイクロソフトのダイバーシティ、新たな一手!「リターンシップ プログラム」を取材してきた」

GEヘルスケア・ジャパン

こちらもプログラムについて触れていきます。GEヘルスケア・ジャパンは前述の日本マイクロソフトと連携してスタートしています。

GEヘルスケア・ジャパンも日本マイクロソフトと同じで、一度キャリアを離脱している人を主な対象としたプログラムで「リスタート&リターンシッププログラム」というプログラム名になります。

期間

3~6ヶ月の有給プログラム

雇用形態

契約社員としてインターンシッププログラムに参加

内容

  1. 選考複数回(書類選考・面接)
  2. 導入オリエンテーションや上司とのPriority Settingの実施
  3. 実際の職務を実施
  4. 終了1か月前にアセスメント
  5. 正社員に適格な場合は正規プロセスへ進む

参考:日本マイクロソフトNewsページ

JACリクルートメント

有名な人材紹介会社が提供するインターンシップでもプログラムを見ていきますが、やったことない会社の方々が真似するにはちょうどいいものだと思います。

というのも、いわゆる新卒採用でいうところの1day開催のインターンシップに近いからです。

期間

平日夜の1~2時間

内容

  1. 19:00~19:10 会社説明
  2. 19:10~20:00 リクルートメントコンサルタントの仕事の内容を体験・クライアントへのコンサルティングと求職者へのコンサルティングをおこなう体験プログラム
  3. 20:00~21:00 懇親会(現役のコンサルタント・社員との交流)

ご覧になっていかがでしょうか。ココぐらいから始めるならありかもしれない!と思えるのではないでしょうか?

今の中途採用においても、新卒採用と同じくイメージした仕事と入社後の仕事にギャップがある」というのが課題であり、入社を決める材料として、「どんな仕事をするのだろうか?」は必要な要素です。

この課題を埋め、入社への歩留まり、入社後の離職を防止するという目的をシンプルに達成できるプログラムだと考えられます。

参考:JACリクルートメントのWantedlyページ

株式会社コノル

スタートアップ・ベンチャーでも行っている会社がいくつかあるので、その1社をご紹介します。対象者はエンジニア希望者です。

スタートアップやベンチャーにとって、社会人インターンシップのメリットは「採用広告をかけずとも優位性が出せる」「大手出身など働く環境が、別の畑の人たちを誘致でき、さらにマッチング精度を高めて採用できる」等あります。他にも、いきなり正社員採用は結構ハードル高い企業フェーズで人を集められるといった経営状態に合わせた採用ができるのも良いところですね。

期間

1年間

職種

エンジニア希望者

内容

  1. ウェブの基礎周り【HTML/CSS/Javascript】の基礎技術を学習
  2. UI/UXの学習。サイトのデザインを学習
  3. ステップアップして、モダンなコーディング手法で同じウェブページを作成
  4. 自身で作ったサイトを元にPHPやデータベース、Rubyなど各種プログラムも学習
  5. 実際の案件のコーディング部分を実施
  6. 実際に開発が進められているシステムのサブとしてメインエンジニアの元で一緒に開発実施

参考:コノルのWantedlyページ

長野県塩尻市役所

最後は民間ではなく、市役所での取組で紹介したいと思います。他の違いとしては、「副業可能」「リモートOK」「CxOポジション」というのが他の会社と異なるアピールポイントになっております。非常に学ぶべきことがある取組なのではないでしょうか。

例えば、このような形で、自分たちの会社に必要なポジションをピンポイントで集められます。また、ハイクラスの人たちを採用するコストを考えると、コストもリスクも低い状態で採用に取り組めたりもします。

同じ社会人向けのインターンシップという切り口ではありますが、最初の4つの会社では、「キャリア・職種チェンジ」「リスタート」という切り口で、この塩尻市役所は「専門性のあるハイクラス」を切り口としており、採用目的がやや異なります。

期間

3ヶ月

雇用形態

業務委託(副業、リモート可)

内容

明確な業務が切られているわけではなく、それぞれに大枠のミッションが置かれてるだけになります。

特任CMO:塩尻市の魅力を全国に発信するために、プロモーションも視野に入れたブランド戦略を立案

特任CHRO:市内中小企業の人材に関する課題解決のために、塩尻市の担当が描いた戦略や戦術立案

参考:iX「塩尻市役所の地方創生推進課で、副業限定の特任CMO・CHROを募集」

最後に

市況では新卒採用で行われるインターンシップが強い印象ですが、最近では働き方が柔軟になっていることも後押しして、社会人インターンシップが増えつつあると考えられます。

理由は、「新卒採用が会社数増加による激化」「長期化」によって難易度が上がっていることが挙げられるのではないでしょうか。

その点、社会人インターンシップを中途採用で行うことは、「競合との差別化」「短期で完結(新卒の年間と比較して)」とメリットがあると考えられます。

ぜひ一度、新たな採用戦術としてご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

中途採用をうまく活用すれば、優秀な人材を確保しやすくなります。とはいえ、採用フローが整っていないと、優秀な人材確保は至難の業。そこで中途採用の採用フローをしっかりと理解し、把握しておくことが大切です。 新卒採用に比べ、具体的な採用フロ[…]

中途採用の採用フローをマスター!基本の流れから成功のコツまで徹底解説

 

OSCTA

新卒だけじゃない社会人・中途採用向けインターン導入のメリットとは事例5選
フォローして毎日記事をチェック!