5Dayインターンシップの実施事例をご紹介!

本日は、5DAYSのインターンシップの中から、タイトルに注目し、私の所感ではありますが、興味の持ったインターンシップを紹介させて頂きます!!

ぜひ、インターンシップや説明会などを行う上で、参考にして頂ければ幸いでございます。

大同特殊鋼(株)

○タイトル○

【文系】人事部採用室での就業実務体験

○内容○

会社の代表として学生と接触する採用担当者の採用業務体験に加え、社会人として働く上で必要な「計画・調査・情報共有・立案」といった基本的スキルを身につけます。

エクスウェア(株)

○タイトル○

プログラミングじゃんけん大会

○内容○

当日は、実際に当社のシステムエンジニアが働いている環境でプログラミングをしていただきます。当社エンジニアがルールを説明するので、個人でじゃんけんに勝つプログラムの作成を行ってください。

テンプレートを事前に用意しているので、そこから勝率をあげるために各自ロジックを考えてより多く勝てるようなプログラムに改修してください。

もちろん当社の開発責任者や優秀なシステムエンジニアも参加するので、わからないことも聞いて、多くのことを解決し、さらに自身の技術力を向上させてください。

希望者には作って頂いたコードをプロの目から判断し、評価、フィードバックも行わせて頂きます。

また、開発したプログラムは参加した学生さん同士で競い合ってもらうので、いろいろな学生さんとも交流でき、ご自身の成長にもつながるはずです。インターンシップ参加後は、社員との懇親会を用意しています!IT業界のこと、仕事のことなど、何でも相談してください。

(株)トータス

○タイトル○

【謎解きゲームが参加条件】地域サービスを創出せよ。

○内容○

トータスが展開する「トータルカーライフサポート」を体験していただきます。

地域に期待され、応援される企業を目指すトータスの理念やポリシーをゲーム型ワークで体験していただき、その後は実際の店舗でお客様との交流などを通じて次のトータスで展開できそうなサービスを考えていただきます。

最後に社員からのフィードバックや懇親会もご用意いたしますので、人との繋がりや地域サービスに興味がある方はぜひご参加ください。

 

私の通っていた学校ではインターンシップに参加するという授業がありました。

授業はビジネスマナーなどについて教えてもらい、実際に夏休みにインターンシップに参加するというものです。
学校の授業でさえもインターンシップが取り上げられており、今は学生さんもインターンシップに参加しなくてはならないというのが現状です。

大量に企業がある中で今回はタイトルに注目をして、この3つの企業様をピックアップさせて頂きました。

人は見た目が9割とよく言われますよね?
それと良く似ていて、学生さんがインターンシップや説明会に興味を持つポイントはタイトルにあると私は思います。

私が選んだ3つの企業様のポイントとしては〈ワクワク感〉です。タイトルからなんかおもしろそう!楽しく企業のことが知れそう!そういった点でインターンシップを決める学生さんは少なくないはずです。

企業名を重視されるのが一番学生さんを呼び込める手段ではありますが、なかなか簡単なことではありません。
内容、日付、タイトルなどで差別化を図る必要がありますので、参考にして頂けると幸いでございます!!

それでは本日はこのへんで。木曜日担当の豊泉がお届けしました☆

▼インターンシップに関するまとめ資料は下記よりダウンロードください

インターンシップに関するまとめ資料

 

OSCTA