「学生と接触できる絶好のチャンス!失敗しない内定式の3つのPOINT」

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます。

澤でございます。

 

 

明日から10月がスタートとなりますが、

多くの企業様で「内定式」を10月3日、4日に行われると思います。

 

学生が少し社会人になる瞬間は、

3月からの採用を見てきた人事の方からすると、

努力が実った!と実感できる瞬間だと思います。

 

 

 

今回はそんな「内定式」についての情報をお届けします!

 

 

今年はもう準備万全だと言う方も、

今からでも取り入れられることは、参考にしてくださいませ。

 

 

 

(1)内定式はいる?いらない?

 

「採用が進んでなくてまだ内定式なんて考えられない」

「うちは内定式をしない」

 

このような企業様もいらっしゃると思います。

 

忙しい仕事の合間をぬって

内定式を行う意味は果たしてあるのでしょうか?

 

 

 

ズバリお答えしますと、意味はあります!!

 

 

内定式では、

 

1.本人の入社意識を確認できる

2.それぞれの内定者に合った配属先決定の参考にできる

3.会社への入社覚悟が出来る

4.内定者と社員のコミュニケーションを図れる

5.内定者同士のコミュニケーションを図れる  など

 

このようなメリットがあるのですから!!

 

 

「では、どんな内定式を行えばいいの?」

 

そんな質問にお答えします!

 

 

 

(2)内定者を満足させる内定式のススメ

 

学生を満足させる内定式の3つのポイントを紹介します!

 

 

〈 POINT 1 〉内定式のテーマを決める!

 

一番重要なポイントは、内定者の方へ、

「内定式」を通して「何」を伝えるかです。

 

 

企業様によって内容は様々だと思いますが、

 

 

例えば、

 

「社員交流が活発な会社だと思ってもらう」

「説明会では話せなかったより深い会社の魅力を伝える」

「社会人へのスイッチと思ってもらう」

 

などがあると思います。

 

 

過去ご支援させて頂いた企業様では、

「社員の家族まで大切にしている会社」ということを伝えたかったので、

家族インタビューを行ったムービーを内定式時に流しました!

 

感動して涙を流してくれた内定者もいたそうです。

 

 

テーマを決めることで内定式のコンテンツや、

接触する人員などが決めやすくなります。

 

 

 

〈 POINT 2 〉内定者と社員の交流の場を持つ!

 

内定者懇親会は、内定者と既存社員の方との、初顔合わせの場ですので、

社内の人間関係を見せられる貴重な時間です。

 

 

毎年4割以上の学生は

入社後の人間関係に対して不安を抱えており、

そんな不安を払拭できるのも、この内定式が重要なきっかけとなります。

 

 

ちなみに昨年の弊社内定式では、

全社員を紹介した写真つきプロフィール表を懇親会時に配り、

話しやすい雰囲気を作る工夫を行いました!

 

 

社員から話しかけられても、

「この人のことよく知らない・・・」という不安を払拭することが出来、

結果的に笑顔のあふれる懇親会となりました♪

 

 

また、この手法は入社後の懇親会でも使えると思いますので、

内定式には間に合わない!

という企業様は入社式に向けて準備をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

内定者にとっても既存社員にとっても大切な交流の場は

できるだけ多くの時間を使いお互いを理解できるようにするといいですね♪

 

 

 

〈 POINT 3 〉内定者間の仲を深めさせる!

 

内定式は既存社員との交流だけではなく、

もちろん内定者間のコミュニケーションの場所としても重要です。

 

 

社員の方には言いにくいことや、内定者ならではの不安など、

横のつながりでのコミュニケーションであれば、払拭できる不安も有ります。

 

 

今の学生はSNSを使った交流などが盛んですので、

一度接触の機会を作ってあげるだけで、すぐに仲良くなりますので、

是非、一度にみんなが集結する内定式を活用して、

横のつながりも作ってあげましょう♪

 

 

先輩社員との縦の繋がりだけではなく、内定者間の横のつながりで仲を深める!

 

 

内定式をしたから満足しない事が重要です!

 

 

内定式後に内定辞退をしてしまう学生も少なからずいます。

 

そんな学生を1人でも減らすためにも、内定式の1日だけで終わらせることなく、

内定式をきっかけに、さらに交流の場を増やしてみてください!

 

 

 

接触を増やすことで、

内定者を徐々に学生から社会人へと意識を変化させていき、

働く事への不安が少ない状態で、

4月の入社式を迎えられるように出来るといいですね♪

 

 

 

以上キャリブロでございました!

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【大好評!!】「内定フォロー事例集」「内定式に関する資料」公開中!!
 

>>内定フォロー事例集ダウンロードは【コチラ】

~資料内容~
■懇親会
■内定式
■社内インターン(アルバイト)
■ゴチバトル
■研修 など
 

>>内定式に関する資料ダウンロードは【コチラ】

~資料内容~
■内定式を行う目的とは?
■他社はどんな内容の内定式をやってる?内容ランキング
■内定式の開催時刻と所要時間 一番多い時間帯は?所要時間は?
■内定式のプログラム例 など
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

OSCTA

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!