2018卒採用も採用スケジュールは変わらず。今こそ学生のための活動を

いつもキャリブロをご覧いただき、ありがとうございます!

 

内定式も終わり、2017年度採用のラストスパートや、
次年度へ向けて既に動き始めている企業様もいるかと思います。

先日2018卒採用の指針が発表され、
選考開始時期は現在と変わらず「6月選考開始」が継続されるとのことです。
本日は採用スケジュールについて、お伝えしますので、
お時間有る際に、熟読くださいませm(__)m

 

★近年の変化。採用スケジュールの移り変わりを見る
★学生がのぞむ採用活動スケジュールとは

 

★近年の変化。採用スケジュールの移り変わりを見る

先日2019卒も、現在のスケジュールと変わらず6月選考解禁が発表されました。
6月解禁は今年度からですが、

2018卒と合わせて3年間はこのスケジュールが続きそうです。

これまでの採用スケジュールはどうだったのか。

 

◆~2012卒まで《3年生10月解禁/4年生4月選考開始》
◆2013卒~2015卒まで《3年生12月解禁/4年生4月選考開始》
◆2016卒《3年生3月解禁/4年生8月選考開始》
◆2017卒~《3年生3月解禁/4年生6月選考開始》

 

ここ数年では、採用選考スケジュールが変更を繰り返してまいりました。

ナビのグランドオープンが
現在では以前と比べて遅くはなっているものの、
相次ぐ変更に左右されるのを嫌って、グランドオープンよりも

採用活動が早くなっている、という企業様も多く出てきています。

 

倫理検証、就職協定には法的拘束力がないため、
求人倍率が上がってきた昨今では、採用に苦戦する業界・企業ほど、
少しでも早く学生と接触することに重きを置き、
採用スケジュールが年々崩壊してきているのも事実と言えます。

 

★学生がのぞむ採用活動スケジュールとは

採用スケジュールの変更は、当然学生側へ大きく影響します。

2012卒までは3年生の10月からスタートしたため、
秋から始まる学内での就職説明会を利用したり、
春休みでの期間で長く活動を行ったりと、
業界・企業研究、自己分析、合同説明会、個別説明会と、
一つ一つに時間をかけて企業を選定していくことができました。

 

現在では広報開始から選考開始まで3ヶ月、
さらにはインターンシップの盛況から、
ゆっくりと分析する時間もなく、
いきなり企業と接触し内定を決めねばならず、
これではミスマッチは起こる一方になっています。

 

 

学生からは12月解禁、4月選考の声が多く、
学校やゼミ・研究室によって

就職活動・学業に大きな差が出てしまうという意見でした。

度重なるスケジュール変更の最大の犠牲者は「学生」だ、ということを前提に捉え、
企業側も「発見してもらう」「内定を出していく」だけではなく、
学生に対してもっと多くの情報を与え、
親身になって気づきを与えてあげることを取り組んでいけば、
きっとミスマッチがなくなるだけでなく、学生のために取り組む企業として、
必然的に学生から選ばれる一社として見てもらえるようになっていけるはずです。

 

以上、キャリブロがお届けしました!!

次回もどうぞお楽しみに!!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

17卒の最新成功事例を無料で配布しております。
18卒の採用戦略を立てるヒントにして頂ければと思います。
ダウンロードは下記よりお気軽にどうぞ!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

 

採用アウトソーシング広告

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!