集める。採る。だけではない。

こんにちは。

 

2月が始まり、3月のグランドオープンまで1ヶ月を切りました。長いと思っていた解禁もあっという間に1ヶ月前に。
早いものですね。

 

本日は採用活動には直結はしておりませんが、採用戦略を見直すという意味で必要なテーマを取り上げます。
【大量採用による不和で1,000万円の赤字…危機を乗り越えたIT企業が作った、新たな文化とは?】

 

現在、多くの企業で大量採用が行われております。
従業員数に対してどれぐらい採るのかによって、大量採用の基準はまちまちであります。
しかし、50名以上の採用は大量採用に含まれることがほとんどではないでしょうか。

 

今回の記事から読み取れることとしてやはり大量採用は、人数を確保する以上に採用した後のほうが、もしかしたら大変かもしれません。

 

教育だけでなく組織構造まで、いろんなところまで考えていかなければならないのです。
上記のような採用した後の計画まで含めて採用活動』と言えると個人的に思いました。

 

即戦力なのかポテンシャル採用なのか。
どこに向かってほしい人間の採用なのか。
たくさんのことを考えて採用しなければ、企業にとっての成長は容易ではないと考えられます。

 

集める事以外についてもお話させていただけたらと思います。
クリック!【新卒/中途採用アウトソーシング・各種採用ツールのお問い合わせはコチラから!】  

OSCTA

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!