新卒採用のノウハウ○●採用目標人数に届かないときの次の一手●○

 

こんにちは♪

いつも弊社のHPをご覧いただきありがとうございます。

 

新卒採用は、長期間にわたる活動となりますので、

採用目標人数にぴったり合わせるのは、かなり至難の業となっております。

しかし、採用目標人数をMUST項目で評価をされてしまう人事様は多いのではないでしょうか。

今回は、当初の採用目標に届かなさそうなピンチに陥った際に、

なんとかリカバリーする方法をいくつかご紹介したいと思います。

 


○プレエントリー者に対するアプローチ

 

プレエントリーをしたままで、説明会や本選考に進まなかった人たちへのアプローチです。

採用担当者の皆さんによくある思い込みのひとつに

「説明会や本選考に来なかった人は、志望度が低く入社見込みが薄いので、

ターゲットにすべきでない」というものがあります。

もちろん、既に説明会に参加したり、本選考を受験したりした人たちよりは、

志望度は低いかもしれません。

しかし、まったくエントリーもしなかった人たちよりは、

少なくとも自分の個人情報を預けるプレエントリーをしているわけですから、

少なからず自社に興味を持ってもらえているはずです。

 

●辞退者に対するアプローチ

 

辞退者には、「途中辞退者」と「内定辞退者」がありますが、ターゲットとすべきは「途中辞退者」です。
「内定辞退者」は一定以上の情報インプットを行った上で辞退をした方なので、

再度、自社に入社を希望するというのは望み薄です。

しかし、「途中辞退者」はそうではありません。

選考途中での辞退は、もちろん志望度の低さを表してはいるものの、

辞退理由は「プレエントリーまま者」と似ていて、「他社と選考日程が被った」

「忙しくてこれ以上時間がつくれない」という気軽な、

あくまでも他社との比較の上での相対的なものであって、

「いろいろ考えたがこの会社には行きたくない」という絶対的なものではない場合があります。

 

○内定者からの再母集団形成

 

採用活動初期と同じようなことをしている時間の余裕はあまりない中、

できるだけ効果的によい人を探し出す必要があります。

それが、「内定者」を通じての母集団形成です。

内定者の知人は、今まさに就職活動をしているホットな方々です。

時期を逃さずにアプローチすれば、効果的に採用が可能となりますし、

「紹介」によるアプローチは、

既に事前スクリーニングが済んでいる状況ですので、ジャッジの確度も高いものです。

 

●ナビでの再母集団形成

 

ここまでの手法がすべて不発、

もしくは工数などの関係で実施不可能という場合は、

媒体を使ってすみやかに母集団形成を行うことになります。

具体的には、WEB−DMを出したり、メルマガやバナーなどの広告を出したりということです。

時期が遅れても効果的なターゲットの例は、

公務員試験や司法試験、会計士試験、大学院入試などからの進路変更組などです。

地方に行くほど、就職活動の時期がややのんびりしていることも多いため、

主戦場を地方に移していくこともひとつのアイデアです。

このようなターゲティングをしっかりして、効果的なプロモーションを行ってください。

 


以上、予定の採用目標に到達しなさそうなときの対処方法について、

いくつかの施策をご説明いたしました。

すべてにおいていえるのは、「時期は迫っている」ということです。

時間が過ぎれば過ぎるほど、望ましい人材層は採用シーンから消えていきます。

ですから、何をするにしても、時期を逃さずに、まずいと思ったら早目に決断をしていくことが大切です。
それでは本日はこのへんで。

紹介させていただいた記事はコチラです
https://saiyou-knowhow.recruit.co.jp/column/130416

 

木曜日担当の豊泉でした☆

次回更新もお楽しみに!

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
キャリアマートのサービスをご利用頂いた企業様の
導入事例を無料で公開しております。

・優秀な人材採用
・内定承諾率15%UP
・母集団昨対比594%UP

ダウンロードは下記よりお気軽にどうぞ!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓