学生のハートに響く、就職サイトの見せ方&活用方法を大公開!

 

今回のテーマは「就職サイトの活用方法」です!
インターンシップサイトも就職サイトも、どの種類のサイトがいいのかではなく、選んだ就職サイトで「どのように自社を見せていくのか」「どのように学生に興味を引かせるか」が、非常に重要になってきます。

 

今回は、残念な見せ方をはじめ、学生に興味を引かせる文章の作り方や、「バンドワゴン効果」「スノップ効果」などを用いた手法、実際の活用事例までトータルでお送り致します!

 

貴社の採用活動の参考になりますと幸いでございます。
それではさっそく見ていきましょう!

 

1.就職サイトの残念な見せ方

残念ポイント【1】情報の詰め込みすぎ

出来るだけ沢山の学生に会いたい!という気持ちが先走り、情報を盛り盛りしてらっしゃいませんでしょうか?

採用活動をするにあたり「どんな学生が欲しいのか」というターゲット設定を必ずされているはずだと思いますので、自社/学生、お互いにミスマッチが起きてしまったら本末転倒です。

今一度、必要な情報が精査された状態で載っているか、新鮮な情報がのっているか、チェックして見てください!

 

 

残念ポイント【2】自社の強みが曖昧

自社がどんな業界・どんな分野で、どんなことに強みがあるのか?
同業とどんな点が違って、どう魅力的なのか?
学生を振り向かせる為に必要な要素になってきます。
是非、「ちょっと応募してみよかな」と思ってしまうような、そんな強みがあるか?見直していただくのも良いかと思います。

 

では、実際にどんなポイントを押さえていくべきなのか?
活用するためのポイントを3つに分けてご紹介いたします!

 

 

 

2.就職サイトを有効的に活用する為の3大活用ポイント

活用ポイント【1】「みんながやるから私もやろう」の心理を利用する

日本人は特に周りと同じ行動を取りたがる傾向があります。

 

「行列できるラーメン屋さんに並ぶ」
「口コミ1位の商品を購入する」

 

このように、「他人がいいものだと言っているのだから、いいもののはずだ!よし買おう!」と考える人間の心理現象のことを「バンドワゴン効果」といいます。

 

このバンドワゴン効果を利用して、説明会の詳細ページを作ってみましょう!例えば、「弊社の説明会にはたくさんの学生が来ていて、みなさんの為になる話をしています。だからうちの説明会は人気ですよ」と記載します。

 

学生の心理状態として、

⇒みんながたくさん参加している説明会なんだ
→他の人と同じように自分も行っておこう

という感じで動かしていきます。

 

 

そうすることで、説明会に予約させていくのです!!
さらにここに加えて、参加学生の声やたくさんの学生が参加している画像などを入れるとさらに効果があるかもしれません!

 

 

 

活用ポイント【2】「○○限定!」特別感を利用する

こちらは、バンドワゴン効果とは逆です。

 

「10食限定ランチ!」
「19:00から入店してくれたお客様限定!」

 

このように「みんな持っていない!私だけ特別だ!」と思わせることで興味を引くことを「スノッブ効果」といいます。

 

今度はスノッブ効果を利用して、説明会の詳細ページを作ってみましょう!
例えば、「限定5名のトップセミナー!今回だけうちの社長が皆様の前でお話します!」
このように記載します。ここでの効果は

 

■5人という少ない人数しか参加できない
■今回だけ

 

という2つの特別感です。

数が少なく、限られた人しか参加できない特別感で学生を引き付けます。
さらに、ポイント1でお伝えした「バンドワゴン効果」と同時に活用することもできます!

 

例えば、「毎回満席だったあのセミナーが今月限りで大復活!しかも日数はたったの2日間だけ!」このようになります。注目点は2つです。

 

<1>毎回満席
<2>今月限りでしかも2日間だけ

 

<1>はバンドワゴン効果を利用しています。

みんなが参加するぐらい人気のセミナーだということをあらわしています。
「みんなが良いというのだから良いセミナーなんだな」というのが心情です。

 

<2>はスノッブ効果を利用しています。

今月限り、2日間だけ。という限定された特別感をあらわしています。
「限られた人しか参加できないセミナーなんだな」というのが心情です。

 

このように、スノッブ効果とバンドワゴン効果の両方を利用して、学生の興味を引き付けていきましょう!

 

ここまで「バンドワゴン効果」「スノップ効果」などを用いて説明会への誘致の方法をお伝えしてきましたが、ここでは、未エントリーの学生が見た時やエントリー済みの学生が見たときに興味度を上げるポイントをお伝えします。

 

 

 

活用ポイント【3】キャッチコピーを入れる

キャッチコピーを入れることはとても重要です。
とは言っても、人事でキャッチコピーを考えるのは難しい、プロに頼むと費用がかかってしまう、などで敬遠されている方がほとんどだと思います!

 

しかし、実は簡易なキャッチコピーであれば人事様だけでも考えることができます!

 

■社内で頻繁に利用する言葉(業界用語のようなもの)
■経営理念にある言葉をそのまま持ってくる

 

 

この2つを複数ピックアップするだけでなかなか良いキャッチコピーを作ることができます!
(私はこれを用いて10社様以上の簡易なキャッチコピーを作成させていただきました)

 

キャッチコピーが入ると、説明会・選考中にそのキャッチコピーを用いて話したときの反応・共感具合いでその学生の興味度が測れることが出来て、学生の意識醸成の際も活用することができます。

 

 

3.まとめ

本日は、就職サイトの活用をテーマにお送り致しました。
どの就職サイトもそれぞれ特徴があります。
しかし、共通して言えることは就職活動をしている学生を集客することができること。

 

ただ集めるだけ(エントリーさせる)ではもったいない!
集めた学生をもっと引き付けていかなければ、選考さらには内定承諾までいきません。
今回紹介した、バンドワゴン効果・スノッブ効果を利用して文章を作るだけで、学生の興味度も変わってくるはずです。

 

文字には感情がありませんから、うまく文章表現することで学生に興味を持たせる工夫をしていきましょう!

原稿作成や、キャッチコピー案に困ってる方は、是非、キャリアマートへお問い合わせ下さいませ!

 

以上、本日は沢崎がお届け致しました!
次回も、どうぞお楽しみに、、!

 

 

採用アウトソーシング広告

学生のハートに響く、就職サイトの見せ方&活用方法を大公開!
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!