就職サイト×種類~就職サイトってどんな違いがあるの??~

こんにちは!!

 

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます!

 

今回テーマは『就職サイト』

 

◆就職サイトって種類はどのくらいあるの?

 

◆それぞれどんな違いがあるの??

 

という疑問を解消するべく就職サイトをいくつかピックアップして特徴を掘り下げてまいります!

 

土曜日でお休みの方もいるかと思いますが、さくっとご覧になってくださいませ~(^ω^)

 


 

【マイナビ】

 

『登録学生数No.1ナビサイト』

 

●登録学生は72万人・母集団形成に特化している。

 

●『役立つ就職情報サイトNo.1』『使いやすい就職情報サイトNo.1』

 

●企業から学生にアプローチできるメールオプションが豊富にある。

 

《規模》大手ももちろん多いが、リクナビに比べると中小企業割合が高い

 

《地域》都心・地方それぞれ注力している。

→ → →地方向けのイベントを随時開催している。

 


 

【リクナビ】

●掲載社数28000社の『掲載企業No.1ナビサイト』

 

●登録学生の数は65万人。マイナビに続く母集団形成が強み。

 

●学生が効率よくエントリーシートを提出できる独自機能がある。

 

《規模》大手・上場企業が多い。

 

《地域》東京・大阪・福岡など都心部に本社がある企業が多い。

 


 

【アスリート就職ナビ】

 

●『主体性実行力に対する意識が高い体育系学生』の集客に特化している。

 

●全学生の8%しかいない『体育系学生』が年間15000人登録しており、

 3000社の採用支援実績がある。

 

《学生》体育系学生向けのキャリア支援就職支援講座の実施

 

《企業》大学層・競技・エリア別に学生との接点を創造する。

 


 

【学情ナビ】

 

●『成長性のある優良中堅企業』×『入社意欲の高い学生』のマッチングサイト

 

●掲載社数3000社に対して会員は37万人

 

●一括エントリーなしの入社意欲の高い母集団形成が特徴。

 

『1社あたり121名の個別エントリー』『エントリー後の説明会参加率50%』

 

 


 

【キャリタス】

 

●『学生の本当に知りたい情報』にフォーカスし、『企業の魅力をアピールすること』を目指したナビサイト。

 

●企業から学生に『気になる』配信を行うことで認知度・志望度を高めるサービスがある。

 

『気になる』配信された学生の内

 

→企業情報を閲覧したいと思った学生『64.6%』

→企業の志望度が上がる学生『58.3%』

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

就職サイトは種類が豊富で、それぞれに特徴があるようです。

 

やはり2大就職サイト『マイナビ・リクナビ』は

ほぼすべての就活性が使っているため母集団は大きいようですね。

 

かといって、

「知名度が高いから就職サイトはマイナビ・リクナビが良い」わけでも

「聞いたこともない就職サイトだから良くない」わけでもありません。

 

大切なことは『自社に合った媒体を選ぶこと』です。

 

今回は特徴をほんの少し取り上げて書き上げましたが、もっと詳しく分析することで

それぞれの企業にマッチする就職サイトが見えてくるかもしれません。

 

新卒採用を検討されている企業様は

貴社に合った就職サイトを選定することをお勧めいたします。

 

『どの就職サイトが合っているか分からない』

といった悩みがございましたらお気軽にご相談くださいね!

 

それでは今回はこのへんで!

 

土曜日担当宇都宮でした~(^ω^)

ここまで見て頂き、ありがとうございました!!!

 

◇◆2大就職サイト『マイナビ・リクナビ徹底分析資料無料配布中!!』◆◇