採用アウトソーシングを利用する理由は?

こんにちは!!

キャリブロ火曜日担当の松岡です。

今週のテーマは「採用アウトソーシング」についてです。

アウトソーシング、採用代行は人事様でしたらよく耳にする言葉だと思います。

ですが、アウトソーシングという言葉のニュアンスで必要性を感じない人事様もおおくいらっしゃるのではないでしょうか?

実際、導入することによってどういったことが出来るのか、、、

よく企業様からお声を頂きますのが

エントリーが増えない

エントリーから説明会動員につなげられない

当日の参加率が低い

就職サイト管理が難しい(2媒体以上の利用)

新卒採用はサイトを窓口に説明会うや選考の予約をおこないます。

説明会、選考の回数に応じて大量のコールやメール配信が発生します。

コチラでいいますと

予約画面作成

説明会告知メール

前日確認コール、メール

採用アウトソーシングではこのような代行があり

人事様にお時間作って頂き、学生さんと接触して頂くお時間を増やして頂く。

それによっていち早く学生さんのスケジュールをおさえることでしたり、人事様と学生さんの接触密度が内定承諾率に大きく関わっていることが調査結果でも出ています。

マンパワー不足、学生と会う機会を作る時間なかった対応が遅くなり学生さんを逃がしてしまった。。。。

このようなご経験ございましたら、是非一度ご相談下さい!