【学生目線!】合同企業説明会の内容

きゃりぶろをご覧いただいております皆様、いつもありがとうございます!!

日曜日担当の段ノ上でございますm(__)m

 

本日のテーマは「合同企業説明会」!!

 

突然ですが、合同企業説明会へ出展されたことはありますでしょうか??

本日は、合同企業説明会へ出展するメリットを「学生目線」からお届けできればと思います!

 

 

まずはひとつ事例をご覧ください↓↓


 

<合同企業説明会A>

 

【出展企業数】

9100

【来場者数】

240000名

 

参加学生の満足度は!?

⇒満足…34% やや満足…44% 普通…16% やや不満…3% 不満…1

8割の学生が「満足」と回答しております!!

 

合同企業説明会に参加した理由は!?

⇒興味のある企業が出展していた…60.9

企業研究をするため…54.7

業界研究をするため…50.7

就職活動を始めるきっかけのために…40.8

採用担当者の声が聞けるから…21.0

興味のある企業講演があったから…20.5

友人・知人に誘われて…6.1

その他…1.5

OB・OGと会えるから…1.3

不明…0.6

 

「興味のある企業が出展していた」という理由が一番多いですが、

注目していただきたいところは、上記と同じくらいの割合で回答がある

「企業研究・業界研究をするため」といった部分です!!

 

 

主に大規模な合同企業説明会が開催される時期は、2~3

つまり、学生が就職活動を本格的にスタートさせるきっかけとなるわけです。

このタイミングは、まだ業界さえも絞っていない学生も多くいますし、

まだいろんな企業を知らない学生へ、早期から印象を植え付けることができるわけです!

 

 


 

 

わたしも1年半前は就職活動真っ最中でしたし、合同企業説明会にも参加したので

ここからは上記を踏まえ、わたしの体験談をお話できればと思います!!

お伝えしたいポイントは3つ!

 

①ブースの装飾

②学生に一番伝えたいことを明確に提示

③聞きに来た人だけの特典を用意

 

 

どれも外しがたいですが、①と②は特にお伝えしたいと思います!

 

まず①ブースの装飾ですが、これが意外と大事だと思います。

人の第一印象は見た目が9割を占めるといいますが、同じことです。

ぱっと目を引くポップなブース装飾は、その企業のイメージをまずプラスから入ります。

殺風景で見慣れないスーツ姿の人が立っているブースよりも、

いろんな看板やポスターが貼ってあるようなブースの方が明るいイメージを持てますよね!

学生が興味を持ってくれるのであれば、きっかけはなんでもいいと思いますので

まずは「呼び込む」工夫をしてみましょう!

 

 

そして②の「学生に一番伝えたいことを明確に提示」

これが一番大切です!!!

合同企業説明会において、1回が約15分~20分ほどの短い内容となっております。

 

そのため、その短時間でいかに学生を引き付けられるか、

そしてその中でもより御社のターゲットに近い学生を引き付けられるか

 

ここが学生をグリップできるかどうかの境目だと思うので、

きちんと来てくれた学生には、御社の魅力で捕まえましょう!!!!

 

 

 

 

合同企業説明会は、学生への興味付けには最適なイベントです♪

早期段階から学生と接触したい企業様、ぜひご検討くださいね!

 

では今回はこのへんで失礼させていただきます!

 

資料DLは下記から(^O^)

gosetsu19