面白い採用事例×狙いや目的

皆様こんにちは。キャリアマート金子でございます。

 

学生からしたら緊張の連続をするはずの採用の現場で、

各企業が何らかの意図を持って個性的な採用手法を取っていることを

ご存知ですか?

 

例えば、

「今回のイベントで1位になったらいきなり最終選考の権利を獲得!!」

「面接は無し!業務に必要な能力のみで選考審査をします!」など、

個性を前面に出している企業もございます。

 

 

ではこの個性の裏には

どういった狙いや目的が隠れているのでしょうか?

 

 

確かに世間的には目立ちます。

特に変わったものは新聞にもまれに取り上げられたりもしています。

しかし日本人の場合、珍しいものにはなかなか積極的には参加しないものです。

 

 

そこで学生が自然に集まらないと仮定した場合、

案内等で募集をしていることが推測されます。

 

 

また各企業様は採用活動をおこなうにあたって、ターゲットや目的を持っていますし、

遊び心をプラスするにしても、

確実に目的やターゲットを絞っておこなっていることが想像ができますね。

 

 

内容についても、

個性的な採用活動をしている多くの企業をみて思いますが、

自社の印象を学生に強く残すために、

採用イベントや懇親会の一種に近い特別な採用手法をとっているように思えます。

 

 

人事面談や内定者フォローの多くが、学生との接触の機会を増やし、

良い印象を残すことを目的におこなっていることとなんだか似ていますね!

 

 

企業の特色を活かすも良し。あなたの人柄を活かすも良し。

短日での強い印象を残す変わった採用手法を用いるか、

時間をかけて人事面談や内定者フォローを用いるか、

またはその両方をおこなうか。

どの段階で学生と接触し、印象付けるのかによって効果も違いがあると思います。

 

 

まずはターゲットの学生や採用の目的をはっきりと決め、

その学生の印象に残る採用活動をしていきましょう!

 

下記は現在無料配布中の資料でございます。ご参考になれば幸いです。

木曜担当の金子がお送りいたしました。

それでは本日はこのあたりで失礼いたします。