えっ、すでに2021年卒採用が始まっている!?

※この記事は、2019年4月に追記されたものです。

 

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは、『すでに始まっている2021卒採用』についてです。

 

人事の皆さんは、毎年採用活動を行っていく中で

いつ頃から次年度採用に向けて動いていますか。

 

毎年大手就職ナビサイトでは、

6月:サマーインターンシップがオープン

10月:オータム/ウィンターインターンシップがオープン

翌年3月:本選考サイトがグランドオープン

 

といったスケジュールで動いています。

東京五輪による就活ルール廃止などが騒がれましたが、

混乱を防ぐためまだしばらくの間は、上記スケジュールで動いていくと考えられています。

 

今回は2021卒に向けた新卒採用。

主に前年のインターンシップデータをもとに過去を振り返り、

WEB説明会を取り入れた未来の対策も練っていきたいと思います!!

 

激化する新卒採用。

五輪期間に少しでも落ち着いて採用活動ができるように

“勝ち採る採用”を発見していきましょう。

 

 

1.  2020卒学生のインターンシップ状況を一挙に確認!

 

2021卒採用に向かっていくうえでは、

何と言っても2020卒学生のインターン状況の把握は必要不可欠です!

 

そこで、ディスコキャリタスリサーチ調査(2019年2月時点)をもとに

さまざまな角度から確認していきましょう!

 

■インターンシップ参加率

⇒ 『全体の92.4%』という結果。(前年同時期:86.6%)

 

■参加日数ランキング

第1位:1日以内 87.6%  (前年:80.3%)

第2位:2~4日 52.3%   (前年:39.4%)

第3位:5日以上 37.2%   (前年:39.7%)

 

⇒ 「1日以内」・「24日間」は前年を上回っており、

唯一「5日以上」のみ下回るという結果。

 

■この企業に就職したい!/ 平均参加企業数

学生1人あたりの平均参加企業 ⇒ 7.2社に対し、

この会社に就職したい!と思った企業は ⇒ 2.2社

 

⇒ まさに『2/7(社)』の割合で本選考エントリーへ近付いているという結果。

 

■就職したい企業があった!

就職したい企業があった! ⇒ 84%

就職したい企業は特になかった・・・ ⇒ 16%

 

⇒ 8割以上の学生がすでに就職したい!という結果。

 

■参加学生が「2月」を選んだ理由ランキング

第1位:業界を絞って応募 52.6%

第2位:就職志望度の高い企業に絞って応募 44.0%

第3位:さまざまな業界にわたって応募 32.7%

第4位:すでに一度参加した企業に応募 15.9%

第5位:本選考に有利になりそうな企業に応募 15.3%

 

⇒ “一企業”よりも、どちらかといえば「業界」を重視して

体験をしてみたいという学生が多い結果に。

 

 

といった5つの視点より2020卒インターンを振り返りました。

そして、2019年6月には『2021卒インターンシップ』がオープンします!

 

今や学生の就職活動において欠かせないインターンシップ。

ナビサイトの掲載は6月でも、そこがスタートではありません!

むしろ大事なのはその前の準備期間です。

3月~6月頃は、グランドオープン後の本採用で手一杯・・・

かと思いますが、現に並行して進めている企業はたくさんあります。

その波に乗り遅れないためにも、

しっかりとした準備や計画は本当に重要になってきますね!

 

準備とは言っても、何からすればいいの?

人事が手一杯でやっぱり追いつかない・・・

 

そんなときは、

その採用業務の中で弊社にお任せできる業務はありませんか?

キャリアマートは採用アウトソーシング(RPO)に特化しており、

数多くのクライアント様の採用成功を実現させてきました!

ぜひ、成功事例のお問合せや採用のご相談など、どんどんお寄せください!

⇒ お問合せはこちら!お待ちしております。

 

 

2.  わずか1時間で準備完了!? ~メリット尽くしの WEB新卒説明会~

 

続いてはこちら。五輪の影響も何のその。

2021卒採用へ向けた「メリット尽くしのWEB新卒説明会」についてです。

 

学生と出会える数が年々減り、色々手は尽くしたがなかなか増えない・・・

説明会に来てくれさえすれば学生の志望度は高められる!

そんな悩みを持ち、自社の説明会に自信をお持ちの企業様はまさに必須です。

 

そんな近未来的WEB説明会。何がそんなに良いのでしょうか。

以下、メリット集を揃えてみました!

 

■会場は簡易的なもので良い!

動画配信で説明会を実施するので、説明会用に会場をおさえる必要はありません。

社内の一室さえ用意すれば会場の用意は完了しますので、

もし数名でも観覧ができるスペースがあれば社内に学生を招待するのも1つの手だと思います!

 

■コストや時間が必要以上にかからない!

会場用意はネット環境や配信環境などの確認と簡易的なもので十分なので、

1時間もあれば大抵の準備は終えることができると思います!

さらに、PCに付属のカメラやスマホからでも配信をすることが可能なため

コスト面でも驚くほど削減が出来てしまうのです。

 

■学生はスーツが要らないので気軽に参加

学生にとっては自宅などからスマホ1つで閲覧することができるので、スーツの着用が不要です。

さらに企業の採用担当者の目線を気にすることもないため、

いい意味で気軽に説明会に参加することができるようになります。

 

■アーカイブ配信にしておけばいつでも見てくれる

配信した動画をアーカイブとして残しておけば、いつでも説明会を見てもらうことができます。

 

(※アーカイブ配信とは・・・

一般的には、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することを言います。

つまり採用では、説明会の様子を録画・保存し、後日でも閲覧ができるようにすることを指します!)

 

学生側も早朝や深夜など時間を気にする必要もなく、

企業側も参加できない学生向けに連日参加してもらえる機会がおのずと増えていきます。

もちろん1回1回会場にて登壇することも毎回ではなくて良くなりますね!

 

■直接の反応が伺える

それは対人じゃないから逆に分からないのでは!?

と思われた方もいらっしゃるでしょうか。

 

確かに説明会中のリアルタイムなリアクションは見えないかもしれませんが、

本当の反応が分かるのは、実はそのあとなのです。

 

Web説明会はどんな方法であっても、質問があれば学生から直接問い合わせる形式になります。

その質問をしてきた学生こそが志望度が非常に高い可能性があるため、

本当の意味で直接の反応が見えるということになります!

対人では分からないことが分かるという、まさに逆の逆を突いたメリットと言えますね!

 

 

と、メリットを並べるとたくさんあることがお分かりいただけると思います!

面倒なイメージがある「配信設定」も、

就職ナビサイトにURLを載せるのみ!といった非常に簡単なもの。

 

もちろんキャリアマートでも

数多くのクライアント様へのフォローをさせて頂いており、様々な事例などもあります!

少し話だけ聞いてみたい・・・でも大歓迎です!

いつでもこちらまでお問合せをお待ちしております!

 

 

3.  まとめ

 

以上、『すでに始まっている2021卒採用』についてお届けしてきました。

いかがでしたでしょうか?

 

つまり結論は、

2021卒採用はナビサイトオープンで始まるのではなく、

「準備期間からすでに始まっている」ということです!

 

常に時間に追われる日々の中でも、進めていくことは可能だと思います!

 

インターン事例や、WEB説明会、そして新卒採用アウトソーシング(RPO)など

弊社には貴社の採用業務でお手伝いできることが満載でございます!

ぜひ少しでも事務作業を減らして、もっと面接などの時間を生み出しませんか?

 

「時間短縮 × 負担軽減 × 採用成功」を可能にするキャリアマートへ!

ご相談お待ちしております。

 

それでは!また次回もお楽しみに!!

 

 

<参考> ディスコほか

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新卒採用市場動向予測資料【無料配布中】

下記Downloadボタンをクリックいただき、

是非お気軽にご覧下さいませ!