【2018年11月更新!】い~ま何人!?!!2018卒&2019卒・新卒就職サイトの登録学生数は、これだ!

【2018卒】の情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

い~ま何人!?!!2018年度・新卒就職サイトの登録学生数は、これだ!

 

 

いつもキャリブロをご覧いただき、ありがとうございます!

宇都宮でございます。今回は、【2018卒&2019卒就職サイト登録人数】

を中心にお届けしていきたいと思います!!

 

2つの年度では、一体どんな違いがあったのでしょうか?

ところどころ、昨対比も見ながら、お楽しみ頂けると嬉しいです!

 

 

 

1.  日本企業が採用したい人気の国とは?!

 

日本での採用は、何も日本国内のみとはかぎりません!

いま、日本企業が最も採用したい国ランキング!

是非ともこれは、2018卒と2019卒で比較して見てみましょう!

 

まずは、

【2018卒学生対象】ランキングをご紹介します!(※ディスコキャリタスリサーチ)

 

1位:東南アジア  75.2%
2位:中国   48.3%
3位:台湾   24.1%
4位:韓国   22.2%
5位:北米   18.6%
6位:EU 13.8%  インド 13.8%

という結果でございました!

東南アジアの人気の理由は、経済的な面もそうですが、

現状で採用実績が少ないことも大きな理由の1つだったようです。

 

そして、

【2019卒学生対象】ランキングはといいますと・・・

 

1位:東南アジア  75.4%
2位:中国    50.8%
3位:韓国    26.9%
4位:台湾    23.1%
5位:北米    20.8%
6位:ヨーロッパ 15.4%

 

という、1位&2位は変わらずの結果となりました!!

ではなぜ、東南アジア(主にベトナム!)が人気なのか。

 

日本の企業が今後アジアの成長市場を視野に入れており、

中でもベトナムは、「人口約9000万人の内約6割が30歳未満で、平均年齢は28歳」

という若い労働力がとても豊富な国なのです!

 

識字率も90%を超えていることから、東南アジア諸国の中でも教育水準が高い国であり、

また、2025年までの「世界都市別平均経済成長率」ランキングにおいては・・・

他国の都市を抑えて、

1位に首都ハノイ

2位に最大の経済都市ホーチミン

が選ばれています。そのため、日本政府はベトナムに対して最大のODA援助を実施しています。

 

 

ベトナム人を採用することで、

現地の文化や習慣などを理解できる+ビジネスでの成功率も上がる!と考えられているわけです。

 

<情報参照:ジョブウェイ>

 

 

 

2.  【オープン直前】就職サイトの登録人数は?2018卒&2019卒で比較!

 

こちらも、是非比較して見てみると面白そうです!!!

それぞれマイナビ・リクナビのオープン直前時はどうだったのでしょうか?

早速ご覧ください!

 

 

【2018卒学生対象】

 

2017年1月時点では・・・

マイナビ: 50万4,117人

リクナビ: 46万8,032人   (※キャリアマート調べ)

 

 

【2019卒学生対象】

 

そして、2018年1月時点では!

マイナビ :57万2,623人  113% 増

リクナビ :57万2,087人 122% 増

 

~結果~

順調に学生登録数は、マイナビ・リクナビ共にアップしており、

2019卒は、マイナビ・リクナビの登録学生数がほぼ並びました。

 

 

☆ちなみに、2017卒のリクナビ・マイナビの学生登録数の差は→ 8万5,418人

☆2018卒の登録数の差は→ 3万6085人

 

 

☆しかし2019卒はなんと・・・536人差まで追い上げました!!

 

何ともリクルートさんの頑張りが伺えます。

 

年々学生の行動の早期化が高まっています!

だからこそ、学生を3月~4月にかけてしっかり育てていく必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

3.  【オープン直後】就職サイトの登録人数は?2019卒対象・サイトで比較!

 

上記では、オープン直前をお伝えしましたが、

オープン直後はどうだったのでしょうか?

 

今度は、2019卒を対象に!

マイナビ&リクナビで比較して見ていきましょう!

 

2018年3月時点では・・・

 

マイナビ2019  67万7,372人(2017年3月:63万6,476人)

昨対比→ 4万,896人 UP↑↑

 

リクナビ2019  69万8,804人(2017年3月:59万7,090人)

昨対比→ 10万1,714人 UP↑↑

(※キャリアマート調べ)

 

 

4.  そして、【2018年11月時点】では!?

 

2019卒ナビがオープンして、8ヶ月以上・・・

オープン直後からはどう変わっていったのでしょうか??

 

 

マイナビ2019  66万8,828人(2017年11月:62万1,073人)

昨対比→ 4万7,755人 UP↑↑

 

リクナビ2019  72万8,676人(2017年11月:62万9,026人)

昨対比→ 9万9,650人 UP↑↑

 

という結果となりました!

 

 

5.  つまり、まとめると・・・

 

皆さん、お気づきでしょうか?

最強売り手市場と言われた【2019卒】でしたが、

11月時点でも昨年を上回る登録人数なのです!

 

さらによく見てみると、2018年3月時点・11月時点ともに

昨対比人数には大差がないのです!!

 

「売り手市場といわれつつも、学生の就職活動期間自体は長くなっている!!」

個人的にはこう分析しております!

 

「2019卒は、もう終わった・・・」「もう学生さんは来てくれないかも」

そうとは言い切れないのでは!?

 

2019卒採用にかすかな希望をつなぐ結果になってくれれば嬉しいですね。

 

以上

オープン直前時の【2018卒&2019卒就職サイト登録人数】

中心にお届けしてきました!

何か1つでも参考になれば幸いで御座います。

 

それでは!

次回の更新情報もお楽しみに~☆

 

【2019.01.01更新】い~ま何人!?2019卒&2020卒・新卒就職サイトの登録学生数は、これだ!