学生の本音を探る、面接テクニックは、これだ!!〜あまり実行されていない実態が〜

いつもキャリブロをご覧いただき、誠にありがとうございます!

キャリアマートの飯野でございます。

 

 

2019年卒もスタートして、早くも1ヶ月が経ちました。
企業様によっては、営業担当の方から2020卒のお話を持ちかけられたり、
19卒の内定者フォローの話を持ちかけられたりと、
お忙しいタイミングかと存じますが、
こういった小さな情報こそ、今後の命運を分ける
重大なヒントになるかも知れませんので是非ご一読お願いします。

 

 

本日のトピック

1.面接で学生の本音を見極めるとは?
2.面接をする際に大事な1つの事
3.学生の本音を引き出す面接テクニック!

 

 

■面接で学生の本音を見極めるとは?

今や採用解禁を待たずして、
選考をされる企業様が多くなりました。

 

既に市場では3月末時点の内定保持率が19%程度まで
来ているという情報も入って来ております。

 

短期間の面接の中で、いかにして学生さんの質を見抜くか、
面接をご担当の方には最重要の課題になってきました。

 

そこで今回は、
面接中に学生の質を見抜く、
たった一つのポイントをご紹介します。

 

学生さんの本音を知る事で、
内定を承諾してくれる方なのか?
どれほどの志望度なのか?という事を、
見極めることができるようになります♪

 

 

■面接をする際に大事な1つの事

採用面接では限られた時間の中で、
学生の事を知っていくことが重要です。

 

今の学生さんは、面接で回答する事を、
事前に用意してくる傾向が強いです。

 

志望動機や学生生活で頑張ったことなど、
ある程度テンプレート化しておいて、
その内容を面接で話そうという方が大半です。

 

もちろん、事前に回答を用意する事が悪いという事ではなく、
その用意された回答が、「その方の本音なのか」という部分が、
とても重要になってきます。

 

そこで、面接を行う際には、
その方の「本音」を引き出すように、
質問をしていく事がキーポイントになります。

 

■学生の本音を引き出す面接テクニック!

面接中は、多くの学生さんが、
御社に入社する事を真剣に考えています!
という内容を話されることがあると思います。

 

しかし、それは本当なのか?
というのはなかなか見抜けないですよね。

 

ここで登場するのが、
トヨタ式5whyの質問技法。

 

これは、何故そうなったのか?何故そう思ったのか?など、
何故?という深堀の質問を繰り返す事です。

 

先ほどの例でいえば、

何故、当社への入社を検討されているのでしょうか?

 

→ 御社の●●という事業部で、
私の経験を活かせるのではないかと考えたからです。

 

それはどのような経験でしょうか?

 

というような形で、回答された内容について、
さらにさらに深堀をしていきます。

 

すると、回答をあらかじめ用意してきた学生さんの中でも、
2回ほど何故?としただけで回答に詰まってしまったり、
そもそも深堀質問すら予想していなかった学生さんも出てきます。

 

この場合、その方は用意した回答、
つまり、就活対策本などに書いてあるような言葉で、
自分を良く見せようと考えている学生さんの可能性が高いです。

 

自分でしっかりと本音を話してくれる学生さんに関しては、
どんな深堀をしても、それに対してしっかりと
自分の言葉で語ってくれますので、
その分、本質が見抜きやすくなります。

 

ここで注意が必要です!!

 

この面接技法は、話すトーンやスピードによっては、
相手に威圧感を与えやすい手法ですので、
圧迫面接をされた・・・というような、
マイナスな印象にならないように、
十分にお気を付けください!

 

まとめ

学生の本音(本質)を見抜くには、
トヨタ式の5whyの質問技法で、徹底的に深堀質問!!

 

 

たったこれだけで、その学生さんの考えている事や、
志望度、本質の部分がすぐに見えるようになりますので、
是非、お試しください( *´艸`)

 

これからまさに忙しくなる2019卒採用ですが、
引き続き現場を調査し、解決の糸口をご報告して参ります!

 

以上、飯野でございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「学生を見極めたい!」資料無料配布中
■面接で何を聞けばいいか分からない!
■面接官のスキルがない!
■結局、適性検査ってどれがいいの?
お悩みを解決するためのヒントをご紹介いたします!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー