19学生の就職活動学生数を●●%と予測!!<19卒選考解禁の6月学生はまだ残っているのか?>

 

  沢崎 勇真   >>キャリマガ

 


 

いつもキャリブロをご覧いただき、ありがとうございます!

キャリアマートの沢崎でございます。

 

 

6月に入り、超大手企業の選考がスタートし始めました!

 

 

ここ最近あまりみなかったリクルートスーツ姿を
大手町などではよくみかけますね、、、、、

 

 

ここで就職活動がほぼ終了すると言われておりますが
本当に学生がいなくなってしまうのか!?今回は、

 

 

「まだまだ採用活動を継続する予定だが
内定出しが全くできていない企業様向け」

 

 

就活を続ける学生がどれくらいいるのかを、
各種データから予想をしてみたいと思います!

 

 

1)5月末時点の内定率 ※マイナビ調べ

◆2018卒
53.7%

 

◆2019卒
60.3%(前月比+27.1pt)
※昨年同月比+7.0pt

 

 

6割以上の学生は内定を保有している状況です!
企業側でも既に内定を出し終わって、
あとはどれだけ承諾を回収できるかといった状況が
ちらほら出てきています。。

 

 

未だ内定出しができていない企業様は、
スピード感をもった選考実施していただくことが
マストになるかと思います。

 

 

ここから「データ」「過去の経験値」から、
最新の就職活動継続・学生数を予測します!

 

 

2) 5月末時点の今後の活動予定(内定者限定)※マイナビ調べ

■内々定に満足したので終了する 41.5%
■内々定先に不満だが活動は終了する 1.4%
■内々定先に不満なので続行する 14.5%
■内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する 41.5%
■その他 1.0%

 

 

上記データにて、注意していただきたいのは
このデータが「5月末時点のもの」ということです!

 

 

6月に入ってから、冒頭でお伝えをした
超大手企業の選考が開始されております!

 

 

そのため、内定者のうち
「超大手企業の選考が終わったら就活を終了しよう」と
思っている学生は多くいることが予想されます。

 

 

それでは、
どれくらいの学生がこのタイミングで就活をするのか?

 

 

内々定者のうち就活を続ける学生の割合を予測します。

 

 

3)超大手企業選考終了後の就職活動学生の割合
※ポマード沢崎大胆予測!!

①超大手企業より内定を獲得し、就活終了する学生
→2.8%と予測

 

就職活動継続学生の率は56%
=内々定先に不満なので続行する14.5%+内々定先に不満ではないが、

 

 

他の企業も見たいので続行する41.5%
(内々定保有かつ続行学生のうち超大手企業の合格者の割合は5%と予測)

 

 

内々定保有かつ続行学生(56%)×超大手企業への合格率(5%)=2.8%

 

 

②超大手企業は落ちてしまったが内定所有企業の中で承諾をする学生
(内々定保有かつ続行学生のうち超大手企業に落ちて

就活を終了する割合は70%と予測)

 

 

超大手企業不合格者(56%-2.8%)×70%=37.1%

 

 

つまり、内々定保有者のうち
4割弱はこれからも就職活動を続けるのではないかと予測ができます。
内々定者の4割というのは、全体の2割ちょっとなります。
※内々定率(60.3%)×37.1%=22.3%

 

<<<<全体のうち就職活動を継続する学生はズバリ!>>>>

 

 

内々定未保有者(100%-60.3%)+22.3%=62%

 

 

結論、6割の学生が就職活動を継続!!
※超大手企業選考後も就職活動を継続する

 

 

ただ、前回の私のブログに
学生が就職活動を終了したいと思っている時期は
「6月」とお伝えさせていただきました。

 

 

つまり「6月」が最後の勝負時ということです!

 

 

学生側も超大手の選考が終わり、
就職活動の「第二クール」の意識がとても強いです!

 

 

そのため、勝負の仕方は下記3点です!

 

 

【1】エントリー学生(説明会未予約者)の掘り起こし!
⇒電話かけ、メール誘致、直接郵送にて誘致etc

 

 

【2】選考中の学生への手厚いフォロー
⇒選考前に人事面談を実施、先輩社員との接触機会を作るetc

 

 

【3】新規エントリー者の集客施策
⇒ナビサイトの追加、ナビサイトのオプション利用、新卒紹介etc

 

 

上記ありきたりな施策ではありますが、
確実に効果のあるものです!
この時期からの挽回で画期的な方法はありません!
(断言しちゃいます)

 

 

地道ながらも、接触回数増加・母集団増加をしていただくことが
今後の最善策でございます!

 

1)~3)を通して、数字をもとに予測をお伝えしてきましたが
20卒も既に動き出しています、、、、

 

ここは一気に勝負をかけて、
20卒へ移行するための時間を創出しましょう!

 

 

そのため、

今やるべきことを明確にしていただき
そこに確実に力を注いでいけば自ずと結果がついてきます!

 

個人的な見解が多くなってしまいましたが、
今後もデータをもとに様々な視点から情報をお伝えできればと思います。

 

引き続き、キャリブロをよろしくお願い致します。
ポマード沢崎がお送りしました!

 

 

 

 

RANKING キャリブロ人気記事ランキング

 

【1位】頭が痛い!!2年目社員の約●割はもう辞めたい!?その理由と改善策のご紹介!

>>>記事を読む


【2位】2019年度採用・第一ピークは終了!ところで、2019卒学生はいつまで活動しているのか??

>>>記事を読む


【3位】内定承諾90%の実績ノウハウ⁉今の学生は、こんな動き・考えをしている。

>>>記事を読む