20卒サマーインターン速報!!<学生に”印象を残す”インターンシップとは>

 

  鄭   永華    >>サマーインターンシップ

 


初めまして!キャリブロレンジャーの“ちょん”と申します。

 

6/1にいよいよ20卒サマーインターンシップがオープンしましたね。

 

 

私はキャリブロを代表し、盛り上がりを調査しに

マイナビインターンシップEXPO東京会場に行ってきました。

 

 

やる気のある学生が大勢おり、会社を知る機会として

インターンシップを重要視している様子が見て取れました!

 

 

今の時期、以下のように考えている方も多いではないでしょうか。

「19卒の最中で20卒の計画がまだまだ進んでいない…」

「インターンシップ、就活生は何を重視しているの?」

「早期化って言われているけど、実際どのくらい早く動いているの?」

 

 

そこで、本日のテーマは2つ

 

 

◆サマーインターン企業数・登録学生速報

◆19卒の振返りから印象を残すインターンシップ

 

 

を考えていきます。

 

 

 

2020サマーインターンシップ速報値※6/1時点

 

<掲載社数>

◆マイナビ 4,276社 (昨年比+1,219社

◆リクナビ 10,180社 (昨年比+1,511社

 

 

<登録者人数>

◆マイナビ 444,000人(昨年比154.8%

◆リクナビ 468,882人

 

 

<マイナビ合同説明会イベント>

◆19 EXPO東京会場 出展社数:197社

 動員:13,000人

 

◆20 EXPO 東京会場 出展社数:263社(昨対比133.5%

 動員:15,443人(昨対比 118.7%

 

 

<インターンシップ エントリー比率(マイナビ2020,6/3時点)>

◆総エントリー数  対前年148.5%

◆1社あたりのインターンシップエントリー数 対前年122.8%!!

 

 

 

早期化と口酸っぱく言われておりますが、数字をみても明らかです。

20卒学生はすでに情報収集を進めています!

 

 

インターンシップを開催するからには

参加学生に本選考の時エントリーして欲しい…

そう思っている企業様がほとんどだと思います。

 

 

では、他社より印象を残すインターンシップを

19卒の振り返りから考えていきましょう。

 

 

 

19卒学生のインターンシップレポート振り返り

※ディスコ学生アンケートより

 

<インターンシップを探す(申し込む)際感じたこと>

◆昨年の実際の様子を動画で見られるとイメージが湧きやすい。

◆仕事の体験ができると思って行ったのに説明会の形式だった。詳細な情報を記載してほしい。

 

 

<参加した感想(良かった点)>

◆社員と一緒のグループワークだったため、社会人の視点から

 どのように課題を解決しようとしているのかも学ぶことができた点。

◆BtoB企業の働き方を体験できた。さらには実際の商談も経験することもできた。

 

 

<参加した感想(不満に思った点>

◆社員座談会が学生 20 人程度対社員 1 人で行ったため、

 聞きたいことをじっくり と聞くことができなかった

人事部以外の社員の方と接する機会があまりなかったこと。

 

参加の決め手はナビサイトにインターンシップの内容が詳細に書いてあること!!

 

 

例えば”グループワーク”でも

「卓上でのディスカッション」「就業体験形式」等様々あるので具体的に明記し

当日のイメージを持たせてあげましょう♬

昨年の写真を、サイトに載せるだけでも一目で雰囲気が伝わって良いですね!

 

 

 

また、感想をみてわかる通り

社会を経験したことのない学生さんに

「社会人ってすごい!」「働くって大変だ(おもしろい)」

というような気づきを与えてあげるとインターンシップで

良い印象を持ってもらえるということがわかります。

 

 

 

学生が選ぶインターンシップアワード

 

マイナビ主催「学生が選ぶインターンシップアワード」にて

受賞されたコンテンツをご紹介いたします!(受賞5社中1社を紹介)

 

 

【学祭トレー企画インターン】 株式会社クラウン・パッケージ

段ボールで食品トレーの製造販売を行っている企業様です。

 

 

<内容>

大学の学園祭で使用する食品トレーの企画を学生自らが

提案・販売する実践型のインターンシップ。

計7日間のプログラムですが、週1回ペースで開催の為

その間にチームごとにコミュニケーションをし、研究・改善する時間がとれます。

 

 

<受賞ポイント>

構成がリアルな仕事体験になっていること、参加学生個々人への

手厚いフィードバック等が受賞の評価ポイントとなりました。

 

 

◆企業理念に通ずる容器・廃棄物の削減を実際に体感できる

◆学祭の食品トレー製作という身近な親しみがある企画

その企業様ならではの社会貢献度や商品企画の楽しさを知り

自分もその世界で働きたい!

そう感じられるインターンシップコンテンツとなっているのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

◆20卒採用市場はもうすでに動き始めています!!!

19卒でも6/1時点で内々定保有率59%

インターンサイトを有効活用し、早期に採用情報を公開していきましょう。

 

 

また、インターンシップを開催する時学生を集める・印象に残すポイントは

 

 

◆インターンシップ内容の詳細を具体的にわかりやすく書く。

当日何をするか具体的に思い浮かべられればgood!

 

◆参加学生に”気づき”を与える。

会社のアピールばかりにならず「社会人」「仕事」の大変さ、おもしろさを

伝えられるコンテンツにしましょう!

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次回も宜しくお願いいたします♪

 

 

≪参考資料≫

https://internship-award.jp

http://www.disc.co.jp/uploads/2018/03/2019internship_201803.pdf

http://news.mynavi.jp/

 


採用お役立ち資料一覧はこちら
採用アウトソーシング動画はこちら
採用ロボット(RPA)革命はこちら
無料コンサルティングはこちら