「いま何人?」「 え!?もう〇〇人!?」 ~2019卒、2020卒 就職サイト掲載社数・登録者数!~

 

いつもキャリブロをご覧頂きありがとうございます。

 

今回ご紹介するのは、

『2大就職サイト・掲載社数&登録者数の比較データ』です!

 

2大就職サイトといえば・・・

 

■マイナビ

■リクナビ

 

やはり毎年この2社に掲載&登録が集中しています!!

 

掲載社数&登録人数はもちろん、2019卒学生の内定率推移まで!

近年の市場動向を今一度確認していきましょう!!

 

 

1.  春夏秋冬でどう動いた!?【2019卒・掲載社数&登録者数】

 

売り手市場と言われる中でも特にそれが顕著に現れた2019年採用。

 

【2018年】 3月・7月・10月・12月

この春夏秋冬で掲載社数と登録者数はどう動いていったのでしょうか。

以下、ご確認ください! (キャリアマート調べ)

 

 

■2018年3月1日時点

【掲載社数】

マイナビ2019:約22,000社 / リクナビ2019:約30,000社

【登録者数】

マイナビ2019:約68万人 / リクナビ2019:約70万人

 

■2018年7月1日時点

【掲載社数】

マイナビ2019:約24,000社 / リクナビ2019:約31,000社

【登録者数】

マイナビ2019:約72万人 / リクナビ2019:約77万人

 

■2018年10月1日時点

【掲載社数】

マイナビ2019:約24,700社 / リクナビ2019:約19,000社

【登録者数】

マイナビ2019:約68万人 / リクナビ2019:約74万人

 

■2018年12月1日時点

【掲載社数】

マイナビ2019:約25,000社 / リクナビ2019:約19,000社

【登録者数】

マイナビ2019:約66万人 / リクナビ2019:約72万人

 

 

という結果となりました!

 

3月から ⇒ 7月にかけては社数・人数ともに大幅増加でしたが、

10月~12月頃になるとだんだん減少していくのが一目瞭然ですね!

 

一見、リクナビがずっとリードしているように見えますが、

1企業あたりの割り当てられる学生の人数は、マイナビの方が多いのです!

 

例えば、3月の場合。

マイナビ ⇒ 1社あたり約30人

リクナビ ⇒ 1社あたり約23人

 

『登録者数÷掲載社数』で計算してみると、

また違った角度から面白い結果が見られました!!

 

⇒ 2019卒比較資料はこちらからダウンロード

 

 

2.  2019卒学生・内定率の推移を一気に確認!

 

続いては、2019卒学生の内定率の推移を見ていきたいと思います!

 

今回は特別に!2018年3月~10月までを一気にお届けします。

下記、ご確認ください!

 

【3月:8.0%】→【4月:18.8%】→【5月:42.2%】

【6月:65.7%】→【7月:81.1%】→【8月:85.5%】

→【9月:89.2%】→【10月:90.5%】

 

 

といった結果でした!!

 

特に5月~6月は、

大きく内定率がアップしていたことがよく分かります!

 

 

ちなみに2018卒の同時期の内定率を見てみると、

 

20185月:37.5% → 20195月:42.2%(+4.7%)

20186月:63.4% → 20196月:65.7%(+2.3%)

 

となっており、

3月のグランドオープンからわずか23ヶ月であるにも関わらず

既に前年を上回っていたことになります!

 

このことからも、

2020卒は学生・企業ともにさらなる早期化は、

ほぼ間違いないのではないか!?と予測してしまいますね。

 

 

3.  グランドオープン前に把握しよう!【2020卒インターン・掲載社数&登録者数】

 

今や90%以上の学生が参加しているインターンシップ。

インターン参加がきっかけで本選考エントリーをした!

という学生が70%を超えるとも言われており、

新卒市場では3/1のグランドオープン前から火花散る熾烈な争いは始まっています!

 

その前に、インターンシップサイトの掲載社数&登録者数をしっかりチェックしておきましょう!

 

3月のグランドオープン直前!

201911日時点では以下の通りです!!

 

【掲載社数】

マイナビ2020:約10,000社 / リクナビ2020:約17,000社

【登録者数】

マイナビ2020:約64万人 / リクナビ2020:約62万人

 

こちらも掲載社、登録者共に前年より増加しております。

 

さらに!

こちらも上記同様、1企業あたりの割り当てられる学生の人数を見てみると、

 

マイナビ ⇒ 1社あたり約64人

リクナビ ⇒ 1社あたり約36人

 

と、やはりマイナビのほうが1社あたりの学生数が多いことが分かりました!

 

⇒ 2020卒比較資料はこちらからダウンロード

随時最新情報を更新中です!

 

 

4.  まとめ ~本選考に向けて~

 

以上、『2大就職サイト・掲載社数&登録者数の比較データ』

についてお届けしてきました。

 

2019卒&2020卒の動向をしっかりと把握した上で本選考を迎えられるように!

良いスタートダッシュとなって頂ければ幸いです!

 

・インターンシップは実施しなかったから、それだけでも不利なの?

・とりあえず就職サイトに掲載するけど、あとは何をすればいいの?

・学生をより多く集める施策は?

・もう今から何かするでは遅いの?

 

といった疑問やご不安をお持ちのご担当者さま!

 

弊社キャリアマートは、

様々な企業様の支援をさせて頂いております!

どんなに些細なことでも構いませんので、

お困りの際は是非お気軽にご相談くださいませ!

⇒ ご相談・お問合せはこちら!

 

 

また、アウトソーシングサービスも充実しています!

⇒ 弊社アウトソーシング資料ダウンロードはこちら

 

 

それでは、次回もお楽しみに!!

 

(参考) マイナビ リクナビ ディスコ ほか