インターンシップ未実施の理由は「対応できる人材・時間の不足」就活ルール廃止で求められる人事の業務効率化

 

  石井 貴善  >>careermart調査データ

 


いつもキャリブロをご覧いただき、誠にありがとうございます。

石井でございます。

昨日、インターンシップに関する調査レポートが

リリースされました。是非ご覧下さいませ。

 


 

キャリアマート採用実態調査レポート
インターンシップ未実施の理由は「対応できる人材・時間の不足」
就活ルール廃止で求められる人事の業務効率化

 

■インターンシップを実施している大手企業は8割、中小企業では6割強
■インターンシップを実施している理由の1位は「エントリー数の確保」
■【中小企業】インターンシップの重要性が高まるも、人事増員は難しいという見解

 

>>>>調査結果は【コチラから】

https://www.careermart.co.jp/dl/Intern_report.pdf

 

~アンケート調査概要~

2018年10月9日、
日本経済団体連合が2021年春入社以降の新卒者を対象とする
就職・採用活動のルール(いわゆる就活ルール)を
策定しないことが決定されたことについて、
Webアンケート調査を実施

■調査期間:2018年10月16日〜10月26日
■調査対象:大手就活サイトを利用し新卒採用活動を行う、全国の企業の採用担当者
■回答件数:184件(うち、従業員数300名未満の中小企業からの回答は103件)

 


 

また、ご不明点などございましたら、

是非お気軽にお問合わせいただけますと幸いでございます。

 

引続き、キャリアマートをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

お問い合せ