本当に学生を見極めたいなら『○○』を活用せよ!~3時間は短縮できるってホント!?~

いつもキャリブロをご覧いただきありがとうございます。

キャリブロレンジャーの西垣でございます。

 

突然ですが、貴社の採用活動は順調ですか?

3月も終わりに近付き、4月へ差し掛かる時期。

就活の早期化や短期化が加速しているうえに、今年は大型GWもあり。

「ちゃんと学生の心を掴んでつなぎとめられるのか・・・」

そう考えると、何だか気が気じゃないですよね。

 

そこで今回はタイトル通り、『○○をすることで採用成功の近道になる2つ方法』をテーマにご紹介していきます!

 

1.「○○」=「グループ面接」、そのメリットと活用方法は?

 

就職(採用)活動において、誰もが通る道、「面接」。

すでにグループ面接なら実施している企業はたくさんあるかと思います。

では、貴社のグループ面接はどんなことを見極めて活用していますか?

それはいくつ思い浮かびますか?

「1人ずつじっくり話を聞きたいけど、そんなに時間もあるわけではない・・・」

「複数の学生を相手にすることで審査内容が具体化する」

 

冒頭でもお話しましたが、今年は大型連休もあり、春は例年よりもずっと短いです。

では、より効率的に採用活動を行うには「グループ面接」のどういった点に着目すべきなのでしょうか?

以下、4つをご紹介します!

 

■1度に複数の学生と話せる

⇒こちらは時間短縮も兼ねて効率化を上げる意味でも、ご最もなメリットです。

単純計算でも1人ずつ1時間よりも、3人面接で1時間だと2時間の短縮になります。

人事側は、限られた短い時間だからこそ学生の良さを引き出そう!と集中でき、

学生側は、何か他の人にはないPRをして爪あとを残そう!などと、

両者とも真剣に向き合うための場として力を発揮してくれると思います。

 

■「本当のターゲット」が明らかになる

⇒企業ごとに「弊社が求める人材」というのは必ず存在すると思います。

貴社は、どういった人材をターゲットにしていますでしょうか?

その理由や根拠などを聞かれたら、どれぐらい深くお話できますか?

理想やイメージはもちろん大事ですが、

実際に面接をしていると「あ、こういった考え方もあるんだ」「それは認識になかった。だから面白い!」と、学生から新たな価値観を教えてもらったことはないでしょうか?

人とはやはり会って話して初めて良さが引き出る場合もあります。

それがグループ面接で同時刻に数パターンの考え方に出会えるとなると、

“何が企業の人事担当者としてしっくりくるのか”。

それを感じられるときが、貴社が本当にターゲットとしている人材がはっきりするときだと思います。

 

■瞬時の対応力が見られる

⇒学生側は、面接でどんな質問がくるかは質問がくるまで分かりません。

すごく一般的なことなら練習は出来ても、時に予測もしていなかった質問もとんでくるものです。

しかし、そんな中でも瞬時に機転を利かせて対応力を発揮する学生はいませんか?

 

【これは、私が就活時代に先輩から聞いた話です】

 

ある大手企業の最終選考を受けにいったAさん。

その最終選考は、「役員による5人でのグループ面接」だったそうです。

どんな質問がくるのかと思っていたら、最初は今まで面接で話したことの確認ばかり。

「はい」や、「そうですね」と相槌のように回答していたら、

ラストで「最終自己PRをお願いします。5人全員で、5分間で。」と言われました。

 

 

5人で5分ってことは、1人1分。Aさんが回ってくるのは3番目でした。

しかし!そこで思いも寄らぬ事態が起こりました。

何と最初の1人目の学生が1人で2分30秒も使ってしまったそうなのです。

やっと2人目に回り、その学生はちょうど1分ほどだったそうですが、

その時点で残り時間は、「3人で、1分30秒」という厳しい残り時間。

 

 

そこでAさんがとった行動とは・・・!?

何と、自分の最終自己PRを“20秒で終わらせる選択”をしたそうです。

どうにか何事もなく終わった最終選考。

気になるAさんの結果は、見事「内定」だったそうです。

その理由として面接官だった役員の方に、「最終選考でのあの判断は素晴らしかった!」

と高く評価をされたんだとか。

 

 

という話を聞いて、グループ面接だからこそ発揮できたことだと私は思いました。

もちろん、対応力があれば良い、なければ悪いということではありませんが、

社会人になればさまざまな場面で必要になってくる対応力や機転。

こういった見極め方もあるようですね!

 

■他の学生の話を聞く態度

⇒これはグループ面接では少し有名な話でもありますね。

実際に話しているときより、実は“それを聞いている態度のほうを見られている。”

私もよく耳にしますが、貴社ではどうでしょうか?

自分が話し終わって気が抜けている学生や、他校の学生の話も真剣に聞いている学生。

これもどちらが良いというわけではありませんが、

グループ面接にて同じ時間・空間で同時に見ることで適性の審査には大きな情報になるかと思います!

 

という感じで、グループ面接の着目点をまとめてみました!

今までそこまでは見ていなかった、考えていなかったという人事様がいらっしゃいましたら、

ぜひ1回のグループ面接を効率化するための参考にしていただけると幸いです!

 

⇒ 採用面接のご相談もキャリアマートへ!

採用のプロであるコンサルタントが面接指導も行います!

 

 

2.「○○」=「服装自由」!?そのメリットとは

 

こちらは、業界によってはすでに実施している企業もあるかと思います。

その多くは「個性を見たいから」といった目的があるのではないでしょうか。

 

そこで、普段私服で働いている企業様などは、同じように面接でも「服装自由」で

学生を見極めるのもおすすめです。

当然、「自由」と言っても「オフィスカジュアル」や「個性重視」など、企業様によって様々ですよね。

「服装」も一種のカラーとも言えるので、企業側にとっても学生が

入社後に一緒に働くイメージが少しでもつきやすいのではないでしょうか?

また、「オフィスカジュアル」を重視する企業様にとっては、

「ある程度の常識があるのか」を見極めることもできます。

あくまでも、いい意味で学生側もいつもよりリラックスをして選考に臨めるのなら、

試してみる価値は大いにありそうですね!

 

★他にもこんな見極め方もあります!★

⇒就活生のストレス耐性を見抜く面接とは!?

⇒適性検査4種類を徹底比較!~意外な活用方法も伝授~

 

 

3.  まとめ

 

以上、『○○をすることで採用成功の近道になる2つ方法』をお届けしてきました。

いかがでしたか?

何か貴社の参考になりそうなことはありましたでしょうか。

 

グループ面接での時間短縮のみに限らず、

選考後の悩む時間や、見極めるために考える時間など。

全てを少しずつ効率化していけば、

『1人の採用に最大3時間は短縮できる!』と考えています!

 

とは言え、まだまだ「グループ面接って難しい」、

「どうしたら上手く回るの?」など、お悩みが春の花粉並みにたくさんあると思います。

弊社キャリアマートでは人事様のお悩みをそのご要望に合わせてサポートさせていただいております!

どんな些細なことでもOKです!いつでもお気軽にご相談ください。

 

★お問合せはこちら!

☆面接相談・無料コンサル⇒お申込みはこちら!

★キャリアマートの無料セミナー!ご予約はこちら!

 

それでは!西垣がお届けしました。

次回もお楽しみに!!

――――――――――――――――――――――――――

資料も無料ダウンロードできます!

採用お役立ち資料一覧はこちら

採用アウトソーシング動画はこちら

採用ロボット(RPA)革命はこちら

無料コンサルティングはこちら

――――――――――――――――――――――――――

採用アウトソーシング広告

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!