よくある人事の悩み。どんな方法で解決されていますか?

いつもキャリブロをご覧いただき、ありがとうございます。

キャリブロレンジャーの永井でございます。

 

普段は営業担当として新卒採用支援を行っておりますが、

この度、より多くの皆様に情報発信をさせていただくため、

キャリブロレンジャーの仲間入りをすることになりました!

 

日々の営業活動で得られる情報や動向を

余すことなくお伝えしていければと思います。どうぞ宜しくお願いします。

 

さて、早速ではございますが、3月・4月という新卒採用の繁忙期を経て、

お客様とは次年度へ向けたお打ち合わせの時間を頂くことが増えてきて、

そこで聞けたのは、今年の採用活動の様々な悩みや課題でした。

 

 

ということで今回は、多くの採用担当者から聞いたばかり!

『人事の悩みあるある』をテーマにお届けいたします!

 

 

共感できること、今後貴社でもつまずきそうなこと。

何か1つでも解決のヒントにしてみてくださいね!

 

 

人事の悩みその1.繁忙期の業務量が多すぎる

こちらは、どなたも一度は悩んだご経験があるのではないでしょうか。

3月~4月の繁忙期に新卒採用を行う人事様はもちろんのこと、

中途採用や総務を兼任されている方などは、

他の時期も忙しいうえに、繁忙期が重なるため本当に困っている」というお悩みをよくお聞きします。

 

年々早まっていく新卒採用スケジュール。

説明会準備や選考準備だけに留まらず、内定後の入社準備、研修、

インターンシップ(内定者含む)など、二期、三期あとを考えた業務を

回さなくてはならない場面もあるようですね。

 

そのため、学生の見極めに時間が取れず、

ミスマッチの発生や内定辞退率に影響してしまう何とも悪循環なケースも…。

 

繁忙期だけ人員を増やすことができればそれが一番の理想ですが、

なかなか難しく、数名が残業で対応されていることも多いのではないでしょうか。

 

そういった中でもやはり最重要・最優先すべきは

学生を見極めるコア業務に集中すること!」だと思います。

 

より質の高い学生を獲得するために、

人事様にはもっともっと学生との接触回数を増やし、本当に自社で活躍できる方なのか、

一人一人の見極めにたくさんの時間を使っていただきたいと思っております。

 

ではどうしたらそういったことが可能なのか。

1つの大きな解決策としてご提案するのは、『採用アウトソーシング(RPO)』です!

 

採用活動は、説明会や面接といった直接学生と対面する業務だけでなく、

ナビサイトの運用や日程の調整といった事務的な業務も膨大にありますよね。

 

もちろん学生と直接対面で行う業務は貴社の人事様にしか出来ませんが、

上記のような事務作業は、果たして人事様にしか出来ないことでしょうか?

 

弊社キャリアマートは、採用アウトソーシングサービスに特化しており、

毎年たくさんの企業様のサポートをさせて頂いております!

 

もし、今年の課題に少しでも当てはまることがございましたら、

これを機に採用アウトソーシングの導入をご検討されてはいかがでしょうか!

 

実績や事例もご用意しておりますので宜しければこちらもご覧ください!

 

>>RPAを活用したアウトソーシングサービスの事例はこちらから

【新卒採用アウトソーシング(RPO)】~導入メリットと採用成功への道とは?~

 

人事の悩みその2.学生の本気度がよく分からない

昨今の売り手市場の中、内定を出した学生が入社してくれるのかは非常に気になるところ。

実際、学生は何社程度にエントリーし、説明会参加、選考、内定に至るのでしょうか。

以下、文系・理系学生に分けた調査結果です。

 

■個別説明会参加数
 文系14.2社、理系10.8社
■面接参加数
 文系10.5社、理系8.8社
■内定数
 文系1.8社、理系1.8社

参考資料:「学生一人当たりの平均行動量」出所:2019年卒マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査(2月調査)、

2019年卒マイナビ学生就職モニター調査(3月~7月調査)

 

文系・理系ともにエントリーした企業のうち、

半数の説明会に参加し、最終的に約2社から内定をもらう学生が多いようです。

 

面接では「こんなことを頑張りたい!」「こんな社会人になりたい!」

とキラキラした姿で語ってくれる学生も、

実際は10社以上の説明会に参加している可能性が非常に高い中、

如何にして学生の本気度を測るのか?

 

そのための重要ポイント2つをお伝えしたいと思います!

 

【1】自社の強みと志望動機が関連しているか。

本気で入社したい!と考えていればいるほど、

採用HPや会社説明会で得た情報を熱心に分析し、

同業他社と異なった貴社の強みを正確に把握してくれています。

 

そのため、なぜ弊社なのか?という問いかけに対しても

想像以上にスムーズな返答が返ってくることが多数なようです。

 

中には、「●●業界で働きたかった」、「社会貢献性の高い仕事をしたかった」

といった曖昧な返答をする学生もいるといいますが、

単に本気度が低いのか、もしくは本気度は高いが“企業理解が足りていない”といったケースも

意外に多いため、ぜひインターンシップや会社説明会などの最初に接触したタイミングで

積極的に問いかけ、魅力付けすべき学生か見極めてみてください。

 

そうすることで、説明会・インターンシップ・選考を経るごとに

学生の印象や心情の変化などが分かりやすくなり、

結果として本気度が高い学生を選び抜くことに繋がっていくと思います!

 

【2】5年後、10年後のキャリアプランを描いているか。

エントリーした企業の中で優先順位をつける際、

仕事内容、待遇面、勤務地も大事にされますが、

「自分が持つ夢や理想が叶えられる環境なのかどうか」も、

学生にとっては同じぐらい外せないポイントとなります!

 

 

目先の1~2年は確かに難しくても、

5年後のキャリアプランを是非とも自社で実現してほしい!

と話すだけでも随分と志望度の改善もできるので、ヒアリング、そして深掘りしてみてください。

 

主に掘り下げ、選定していくポイントと順番は、

・実現可能なキャリアプランか。

・企業方針と学生の志向があっているか。

・自己分析と業界・企業研究をしたうえで、長期的な向上心をもっているか。

こちらが比較的スムーズに進めていける事項かと思います!

 

いつも同じ質問ばかりだった、この質問はしたことがなかった。

などあれば、次年度、もしくは今年度のこれからでも一度試してみてくださいね!

その中で、自社の本当の強みや本当に適した採用手法なども発掘していって頂けると

すごく嬉しく思います!!

 

 

まとめ

以上、『人事の悩みあるある』をお届けしました。

いかがでしたでしょうか。

 

今回は比較的メジャーなお悩みをお届けしましたが、

幅広い業務を抱えていらっしゃる中で、それぞれコアなお悩みも尽きないと思います。

 

解決したいのに方法がわからない!

他社さんはどうやって解決しているの!?

どうやって実績を積み重ねているの?

など採用のお悩みございましたら、キャリアマートまでお気軽にご連絡ください

 

皆様からのご相談お待ちしております。

 

それでは!永井がお届けしました。

次回もお楽しみに!!

<参考>マイナビほか

時間を生み出すサービス、キャリアマートの採用アウトソーシング

採用アウトソーシング広告

ぜひフォローして最新記事をご覧ください!