採用ロボットアウトソーシング(RPA)

採用ロボット(RPA)で8時間かかっていたルーティンワークを30分に短縮
『その作業、まだ人がやりますか?』

採用ロボットアウトソーシングの背景


2060年には、国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者になるという
世界でも類を見ない超高齢化社会を控えている日本。
労働力不足を補う手段として、すでに工場のライン業務などでは
ITやロボットの導入が進んでいます。

しかし、ホワイトカラーのオフィスワークへのロボット導入は遅れており
改善の余地が残されています。
企業が行う採用業務においても 『採用成功の為にやらなければならないが、
人の手では効率化できない』ルーティンワークが数多く存在しており、
現場の業務を圧迫しています。

キャリアマートでは、2014年よりRPA(Robotic Process Automation)を用いた
採用ロボットの開発に着手し、既に約400体の採用ロボットが稼働しております。
例えば応募者データを1つの採用管理システムで管理する場合に生じる、
応募者データの移行作業。

単純ですが、毎日集計する必要があり、特に応募媒体が複数ある場合は
多くの時間が費やされていました。
近年、母集団形成に苦しんでいる企業が複数の就職サイトに同時に掲載する事が
増えており、このような作業が発生しています。

しかし、一連の作業を採用ロボットが対応することで、
今まで月間8時間近くかかっていた作業が約30分で終了するようになりました。

採用ロボットアウトソーシング(RPA)とは


RPA(Robotic Process Automation)とは?
「RPA」とは、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。

「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で
再現しようとするAIや、AIが反復によって学ぶ「機械学習」といった技術を用いて、
主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。

採用ロボットアウトソーシングの特徴

応募者データの移行作業をロボットが自動で行う!

応募媒体から、学生データをダウンロードし、採用管理システムへアップロード。
一連の作業をロボットが代行し、人事担当者は取り込み完了メールを確認するだけ!

説明会予約者・選考予約者のリストを作成、提出

指定した時間に、応募媒体の予約者情報を人事担当者宛てに送ります。
人の手では煩雑で忘れやすい作業を正確かつタイムリーにロボットが
作業をすることで人事担当者の負担を大幅に軽減します。

このようなルーティンワークの積み重なりにより、新卒採用の繁忙期では人事採用部門のマンパワーが不足します。

採用ロボット導入のメリット・デメリット

【メリット】人間より早く、安く、ミスもない

採用ロボットは24時間365日稼働し、疲れません。また、モチベーションが下がる事もなく、
高速で業務を処理します。
ロボットが作業をする事によって、これまで度々起こっていたヒューマンエラーによるミスもなくなります。
また、従来のシステム開発と大きく異なり、初期費用やランニングコストを抑えられるため、
人件費やシステム開発よりも安い価格で導入することができます。

【デメリット】指示通りにしか動いてくれません

採用ロボットは指示した仕事に関しては何時間でも疲れる事なく実行してくれますが、
指示していない仕事は一切やりません。
また指示に曖昧な部分があるとその先どうしていいか分からず止まってしまうこともあります。
効果的に活用するためにはワークフローを明確にし、業務を可視化する必要があります。

導入したお客様の声

朝のルーティンワークがなくなり定時出社でよくなりました。

説明会のある日は予約者リストの準備などがあるため、いつも30分早く出社していました。
しかし採用ロボットを導入してからは出社すると予約者リストがメールで届いているため、
印刷するだけで準備完了。
朝は余裕をもって出勤できるようになりました。

(従業員数50~100名/東京都/商社業)

コストが大幅に削減できました。

毎年採用の時期になると派遣社員の方に来て頂いておりましたが、
今年から採用ロボットを利用した採用アウトソースに切り替えました。
コストを削減できた分、プロモーション費用に予算を割く事ができ、
応募者の人数が増えました。

(従業員数100~300名/東京都/通信業)

ヒューマンエラーによるミスがなくなりました。

これまでは応募者のデータをまとめる際の転記ミスや、採用管理フラグを
立てる際のミスなど度々ヒューマンエラーによるミスが発生しておりました。
フラグを立て間違えると合格者の方に不合格メールを送ってしまったりと、
その後のミスの連鎖に繋がります。
採用ロボットを導入してからはそのようなミスが大幅に減り、
安心して採用業務を進められるようになりました。

(従業員数500~1000名/東京都/フードサービス 業)

キャリアマートはRPAを活用した自動化ロボット開発を加速。

3年間で1000体のロボット開発を行い、
採用ロボットアウトソーシングの分野でのNo.1企業を目指します。

また採用支援以外の人事関連業務や営業支援業務の自動化開発も同時に進めており、
人がより生産的でクリエイティブな仕事ができる未来を創造していきます。
自動化ロボットの開発により、現在日本が直面する長時間労働問題や、
労働人口の減少による労働力不足問題を解決し、
ホワイトカラーの生産性向上を力強く推進して参ります。

また、キャリアマートのブログ「キャリブロ!」にて採用ロボット(RPA)革命ブログも
公開しておりますので、 こちらも是非ご覧下さいませ。
(生産性向上のために既に実験的に行われている事例についてお話しております)

>>採用ロボット(RPA)革命ブログシリーズはこちら

各種ロボットは【月額2万円~】ご提供しております。
採用ロボットは他にどんな事を自動化してくれるのでしょうか。
詳しく知りたい方は、下記フォームより「採用ロボット(RPA)事例集」の
資料をダウンロードしていただき、ご覧下さいませ。