転職市場を生き抜け!【採用力診断】8割以上が閲覧する採用HP作り方講座開催

2020年5月26日に「中途採用継続の企業様におすすめ! これからの採用市場を勝ち抜くためのポイントをお届け!」というテーマでWebセミナーを実施いたしましたので、今回は、そのセミナー内容を一部ご紹介させていただきます。

第一部では、新型コロナウイルスによる雇用動向の状況や、中途採用市場の影響等、現状のデータを基に今後の状況予測をお伝えし、第二部では、採用力診断と題し、転職者の8割以上が閲覧するという採用ホームページの作り方に加え、求職者へ自社の魅力の打ち出しや連絡頻度を踏まえた当社の採用力診断を実施いたしました。

新型コロナウイルスを受けての雇用動向

日本のGDP年率-3.4%減

皆様もすでにご存知かと思いますが、新型コロナウイルスは世界中の経済市場に大規模な影響をもたらしています。

アメリカでは、2020年1月~3月のGDPが年率-4.8%と発表されました。この数字は、リーマンショックの影響を受けた2008年10月~12月期の-8.4%以来の低い水準です。

それに対し、日本は、2020年1月~3月期で年率-3.4%減でした。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ経済活動が急速に戻るとは考えにくい中、一部メディアでは、GDP回復に3年以上かかる、という記事も出ています。そんな中、日本の雇用状況はどうなるのでしょうか

2008年のリーマンショック時のデータを見てみると、

<有効求人倍率>  2008年9月0.83倍 → 2009年9月0.47倍 -0.36ポイント

<完全失業率>   2008年9月4.0% → 2009年5.4% +1.4%

となっていました。

しかし、今回日本政府は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例として、雇用調整助成金の期間延長や金額の増額などして対策をしています。そのため、リーマンショック時とは異なり、休業となる従業員が大幅に増加している事態となっています。

では、転職希望者は一体、どのような動きをとっているのでしょうか

中途採用市場の現状

求人サイトへの影響

転職サイトdodaの応募状況を見てみると、例年4月以降は媒体経由での応募が減少傾向にありましたが、今年に関しては応募が増加していることがわかっています。

逆に、人材紹介への応募は減少しています。このことからも、転職意欲の高いユーザーが転職サイトに集まっていることが伺えます。

リクルートキャリアの調査でも、今後Web応募数が上がってくことが予想されており、Webで応募を獲得するためには自社の転職媒体だけでなく、採用ホームページの強化が必須となる時代になってきました。

採用ホームページ、採用力診断

御社はすでに採用ホームページはご準備されているでしょうか?

転職希望者にとって、企業を選ぶ上で採用ホームページはなくてはならない存在です。

転職者の8割は、採用HPを閲覧している!

転職者の約89%が企業ホームページを閲覧し、74%が採用ホームページも閲覧しています。また、転職者の81%は給与・賞与を重視しているため、求職者のニーズに合った採用情報を提供する必要があります。

今回のセミナーでは採用ホームページの各項ごとにポイントを紹介し、解説いたしました。

各項ごとのポイント解説

情報公開ページ

中でも、情報公開の箇所では「仕事の難しさ」を見ている求職者41%存在し、会社の良いところだけを見ているわけではないことが分かります。転職サイトでもあるように仕事の大変さをリアルに公開することで求職者に対しての安心感を与えることができるようですね。

社員紹介ページ

また社員紹介のページでは、給与などの入社に直結する理由とはならないものの、興味があると回答した求職者は33%と3人中1人が興味ありとの回答も出ています。

こういった結果からも、よりリアルな情報開示をすることで、近年課題となっている「採用へのミスマッチを減らす」ことができるのかもしれません。

【TOPページの次に重要】募集要項ページ

どのページからでも2クリックで応募画面へ遷移できる「2クリック型構成」の作りが、求職者のページ閲覧⇒応募までの流れをスムーズにすることができます。

募集要項ページの作り方でご説明させていただいた内容と同じく、サイト構成に関しても従来のピラミッド型のサイト構成ではなく、マルチエントランス型のサイト構成にしていただくことがおすすめです。

魅力的な採用HP作成方法まとめ

  1. 求職者が「欲しい情報」を載せる
  2. 見やすい(応募しやすい)サイト設計
  3. マルチエントランス方式でさらに+α

 

以上、簡単にポイントを上げさせていただきましたが、そのほかにも広告の打ち出し方に関する項目や自社の魅力をどのように求職者へアピールするかなども用意しています。

より具体的に話を聞きたい、気になる点があるという企業様はお問い合わせください!セミナーで実施させていただいた採用力診断も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

 


今回ご紹介させていただいたのは、ライブ配信セミナーでのごく一部の内容ですので、時間の都合上ご参加いただけなかった方は、Webによる個別相談会も開催しておりますので、そちらにお申込みの上、ぜひご相談ください!

少人数相談会へのご参加はこちらから

全国どこからでもインターネット環境があればご参加いただける、ライブ配信セミナーのご予約はこちら!

最新のセミナー開催情報はこちら

Web面接ツール比較表

採用力診断!8割以上が閲覧する採用HPの作り方
ぜひフォローして最新記事をご覧ください!