ストレス耐性を見抜く面接とは!?ストレス耐性を見極める質問3選

今回のテーマは『学生のストレス耐性を見抜く面接』についてです。仕事をするうえで切っても切り離せないストレス。2018年の厚生労働省【労働安全衛生特別調査】において、現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっていると回答した労働者は58.0%と約6割いることが分かっています。(2017年調査では58.3%)

その中で特に多くの声があった原因は、

  • 「仕事 の質・量」59.4% (前年:62.6%)
  • 「仕事の失敗、責任の発生等」34.0% (前年:34.8%)
  • 「対人関係/セクハラ・パワハラを含む」31.3% (前年:30.6%)

ということでした。

日々社会人として働く中で誰しもが色んなストレスを抱えています。それは、就職活動をしてこれから社会人になっていく学生もきっと通っていく道だと思います。そこで今回は、「学生のストレス耐性の見抜き方」に加えて、学生が就活で抱えているストレスとは!?についてもお届けしていきたいと思います。

ストレス耐性を見抜く面接とは、どんな面接?

新卒採用において面接は、ほぼどの企業も行っているかと思います。直接向かい合って話すことで、面接官は相手の人柄や今までの経験や人生観を知るだけでなく、入社への適性も見極めていきます。

しかし!その中にストレス耐性を見抜く方法があるのをご存知でしたか?

ストレス耐性を見極める質問3選

この質問で、どんな耐性が見えてくるのでしょうか。もしかしたら、今まで何気なくしていた質問もあるかもしれません。今後は、下記のようなことも意識してみるとより多くを知ることができると思います!

質問1:休みの日はどのようにして遊びますか?何をしている時が一番楽しいですか?

これで何が分かるかというと、ストレスを感じたときの行動パターンが読み取れる効果があります。

▶「友達みんなでご飯に行ったり遊園地に行ったりする」「家族と外出する」と回答した学生
ストレスを感じたときは、“複数人ではしゃぐ、盛り上がる”“人に悩みを打ち明ける”といった行動で解消していくという傾向があるそうです。

 

▶「1人でドライブや買い物をするのが好き」「家でのんびり過ごしているのがいい」と回答の学生
ストレスを感じても、“まずは1人でじっくり考えて答えを出していく”という傾向にあるそうです。

質問2:今までで一番苦労した出来事は何ですか?その時どう解決しましたか?

今度は、どう解消するかではなく「どう解決したか」を聞きます。苦労したことと言っても、勉強、部活、人間関係、アルバイト・・・など、学生によってさまざまなことがあるかと思います。時には人生最大の挫折を経験した、という学生もいることでしょう。しかし重要なのは、苦労した内容ではなく、「それに対してどう解決したか?乗り越えた今、そのことをどう思っているか?」です。

 

どう解決したか?

見ての通り、そのピンチをどうやって乗り越えたのか。また、解決にはどれぐらいの時間がかかったのか。この質問によって自分にかかるストレスをどうやって、どのぐらいの時間をかけて解決にもっていけるか、さらにどれだけ早く切り替えが出来るかを見極めることができるそうです!

そして、乗り越えた今はどう思っているか?

その経験した苦労は、自分にとって試練だったのか、不運だったのか。つまり、ポジティブに捉えているのかネガティブに捉えているのかも重要になってきます。もちろんその事柄によりますので、一概に全てポジティブが良いというわけではありませんが、「総合的に、何にストレスを感じやすく、どう乗り越えるのか。」という判断ができる質問だと思います。

質問3:眠れないときはありますか?それはどんなときですか?

実際に、学生に質問したことがあるという方はいらっしゃいますでしょうか?こちらは、返ってくる回答に対して、単純にストレス耐性があるのか無いのかを見極めるものになります。

(例)
「●●があるとき」(不安や悩み)
⇒ ストレス耐性は少し弱いかもしれません。
「友達とライブに行く前日」や「家族旅行の日」「そもそも眠れなくなったことがない」

⇒ ストレス耐性としてはかなり強いと思われます。

以上、上記ストレス耐性を見抜く質問をご紹介させていただきましたが、こちらはあくまでも方法の一つになります。

企業によって求める人物像はそれぞれだと思いますので、ストレス耐性があれば良く、無ければ悪いといったことではもちろんありません。ある程度の耐性も把握したうえで、入社の適性だけでなく入社後の配属や研修方法の参考にして頂けると幸いでございます。

➡面接だけではストレス耐性は見抜けない…という方は、「適性検査」を利用する!という手もあります。
若者の離職が絶えないときは!?適性検査4社を徹底比較!適性検査導入のメリット!(eF-1G・CPAG、CPAB・インサイト・DPI、DIST、DBIT )

関連記事

今回は、「適性検査の必要性」を一緒に考えていこうと思います。現在、使用されている企業様も多いかとは思いますが、理解を深めることで効果が何倍にも得られます。 また、若者を離職させないために適性検査をどのように活用すべきか?適性検査を用い[…]

適性検査4選

学生の悩み・ストレスの種とは!?

ストレス耐性の見極めを知ったところで、続いては、学生が就活で抱えるストレスについても知っておきましょう。売り手市場=採用氷河期といわれ、学生は全く悩みを抱えていないのか?と言うと、決してそんなことはございません!

では、学生は就活中にどんなことに悩み、ストレスを感じているのでしょうか??以下、学生の“就活悩みあるある”をまとめました!

自己分析ができない!

就活中、学生が必ず行うのが「自己分析」です。自分のいままでの生い立ちや経験から、「自分は何がやりたいのか」「自分にはどんな仕事が向いているのか」を振り返る時間となりますが・・・

「周りと比べて自分ってこれといった持ち味もない、、、」と他の学生と比較してしまい、自分を卑下してしまうこともしばしばあるそうです。いざ分析をしよう!となると、自分の本当の強みや持ち味が急に分からなくなってしまう学生は少なくないようですね。

提出書類が書けない!

こちらも同じく就活中に必ず書くことになる、履歴書やESといった書類。自分自身のことを端的にまとめる必要があります。しかしこれも自己分析と同様に、「そもそも自分の強みって何だろう?」「何を書いてどうまとめればいいかもわからない!」と分からなくなる学生も多く、時間や労力を使うことで就活中の第一関門とも呼べるでしょう。

就活のマナーに慣れない

説明会や面接に行くとなると、ほぼ必ず普段着慣れないリクルートスーツを着て行くことになります。男子学生は普段はしないネクタイを締め、女子学生は普段は履かないヒールのパンプスを履いてそれぞれ1日を過ごします。また、面接では普段喋り慣れない言葉遣いなどで話すため、自己PRをするにも「これは本当の自分なのか?」となってしまう学生もいるかもしれませんね。もちろん就職活動において、服装や言葉遣いというのは必須なマナーでありますが、慣れないことでつい不自然に見えてしまったり、なかなか自分らしさが出せない学生もいるかと思います。

人事の皆さんは、少しだけ学生目線で考え、見てあげると学生は安心感をもてるかもしれません!

なかなか内定がもらえない

売り手市場でそんなストレスがあるの?と思うかもしれないですが、実は、抱えている学生はいます。もちろん厳正な審査があってのうえですが、上記のように就活中に色んなストレスや悩みを抱えた学生は少なくありません。こちらは一部の理由ではありますが、企業側は、自分の就活中の体験談などから学生をあらゆる面からサポートしてあげることが大切になってきますね。

まとめ

以上、『学生のストレス耐性を見抜く面接』『学生が就活で抱えるストレス』についてお届けしてきました。

ストレス耐性を見抜いて見事採用成功した後も、気は抜けません。入社後のフォローもとっても重要です。入社後の若手社員のストレスを軽減して、早期離職を防ぎたい方はこちらもあわせてご覧ください!

▼早期退職する新入社員の本当の退職理由とは? 対策のため知るべき『本音』「本人の能力・適正に合った配置を!」

関連記事

今回は、『新入社員の早期退職の対策』をテーマにお届けしたいと思います。 最近よく耳にする、「最近の若者は辛抱する心がない」「ゆとり世代はすぐ辞める」といった言葉。もちろん、本来は一概にゆとり世代だからということではなく、どの年代にもそ[…]

早期退職する新入社員の本当の退職理由とは? 対策のため知るべき『本音』

これからも貴社には色んな経験や個性をもった学生が説明会や面接に訪れると思います。あくまでも本質や適性を見抜くという観点で、今後の参考にして頂けると幸いです!

また、就活生の悩みは面接や選考のみにとどまらず・・・内定が出たあとにも「内定ブルー」というスパイラルに陥っていくこともあるんだとか。

関連記事

今回、内定者の6割以上が感じている「内定ブルー」についてのご紹介をさせていただきます。   最近、よく耳にする、『内定ブルー』という言葉。 進路が決まったにもかかわらず、思い悩んだり、ふさぎ込んだりしてしまうケー[…]

内定ブルーになる学生は約6割以上!?その原因と解消法

そこまで!?と思う人事の方もいらっしゃるかもしれませんが、売り手市場に打ち勝つために一年を通して学生をサポートしていきましょう!!

 

新卒採用のご相談はぜひお気軽にキャリアマートまでお願いします!どんな些細なことでもOKです!

⇒ こちらからお問合せください。

\「参考になった!」と思ったらぜひシェアを!/

OSCTA